FC2ブログ







掘り起こせば、もっと需要はある 

 

需要…

 

というのは、

 

人それぞれ…

 

です。

 

 

なので

 

需要の多い、少ない…

 

はあっても、

 

需要が、まったくない…

 

というものは、そうそうあるものではありません。

 

 

言い換えれば、

 

どんなビジネス…

 

であれ、

 

探しさえすれば需要はある…

 

のです。

 

 

つまり、

 

身近な需要だけに頼る…

 

のでなく、

 

もっともっと需要を掘り起こす…

 

ことが必要だということです。

 

 

掘り起こせば、もっと需要はある…

 

身近な需要だけに頼っていれば、スグに需要がなくなるなんてことにもなりかねませんので、みんさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/10 06:48 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

統計の数字をもっと活用する 

 

ビジネスの現場では、

 

統計より、直感を重視する…

 

傾向があります。

 

 

たしかに、

 

長年の勘、経験…

 

は、大切なことです。

 

 

ただ、だからと言って、

 

統計を軽視する…

 

のも、考えものです。

 

 

なぜなら、

 

統計は、現実の数字…

 

なので、

 

役に立つモノ…

 

だからです。

 

 

つまり、

 

直感だけ…

 

でなく、

 

もっと統計にも目を向ける…

 

ことも必要だということです。

 

 

統計の数字をもっと活用する…

 

直感が大切だからといっても、それだけでは危ない綱渡りをしているようなモノですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/09 06:25 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

「僅かな違いだから…」で片付けない 

 

有料だから使わないサービス…

 

有料でも使いたいサービス…

 

この2つには、

 

確かな違い…

 

があります。

 

 

しかし、多くの会社やお店では、

 

僅かな差…

 

としか、とらえていない傾向があるのです。

 

 

言い換えれば、

 

この違いを分かろうとしない…

 

ことが、

 

会社の成長発展を妨げてる原因の1つになっている…

 

ということです。

 

 

つまり、

 

僅かな違い…

 

が、

 

成否を分けている…

 

ということを、

 

理解する…

 

ことが必要だということです。

 

 

「僅かな違いだから…」で片付けない…

 

たとえ僅かな違いであっても、その違いが、大きな差を生んでいるのは確かですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/08 06:59 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

流れを中断させないようにする 

 

お客さまは、

 

考える暇がない…

 

と、

 

スグに判断を下そう…

 

とします。

 

 

しかし、

 

一瞬でも間が開く…

 

と、

 

自分の判断が正しいかどうかを考え始める…

 

のです。

 

 

ようするに、

 

売るまでの流れをスムーズにする…

 

方が、

 

購買してもらいやすくなる…

 

ということなんです。

 

 

流れを中断させないようにする…

 

流れるように事を運べば、それだけお客さまも購買の判断を迷いにくくなりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/07 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

視点をずらして考えてみる 

 

視点をずらす…

 

と、

 

意外なビジネスチャンスが生まれる…

 

こともあります。

 

 

もし、

 

時間という視点…

 

をずらしてみると、どうなるでしょうか…?

 

 

たとえば、

 

営業時間をずらしたら、競合がまったくなくなる…

 

なんて、こともあり得るわけです。

 

 

つまり、

 

自社自店が優位になる…

 

には、

 

どういった視点をずらすことが必要か…?

 

を考えることも重要だということです。

 

 

視点をずらして考えてみる…

 

今までと同じ視点ではなく、まったく違う視点で考えてみることがポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/06 06:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

マニュアルに頼りすぎない 

 

マニュアル…

 

というのは、

 

とても役に立つモノ…

 

です。

 

 

ただ、

 

マニュアル通りにならない…

 

のも、事実です。

 

 

すると、どうなるか…?

 

 

途端に判断基準がなくなって、右往左往する結果…

 

になってしまうのです。

 

 

言い換えれば、

 

マニュアルに頼らない、戦略や戦術も必要…

 

だということです。

 

 

マニュアルに頼りすぎない…

 

どんなに素晴らしいモノでも、頼りすぎてしまうと、その枠から飛び出したときに判断さえできなくなってしまいますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/05 06:58 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

人と人の繋がりを大切にする 

 

上手の儲けよう…

 

賢く儲けよう…

 

とすることは、大切なことです。

 

 

ただ、

 

上手の儲けよう…

 

賢く儲けよう…

 

とすれば、するほど、

 

心と心の繋がりという基本がなおざりになる…

 

という傾向があるのも事実なんです。

 

 

これでは、

 

儲ける…

 

どころか、

 

長期的に見れば、お客さまが離れていく…

 

なんてことにも、なりかねません。

 

 

つまり、

 

儲けることだけ…

 

にこだわるのではなく、

 

人と人の繋がりという、基本を大切にする…

 

ことも必要だということです。

 

 

人と人の繋がりを大切にする…

 

お客さまと売り手、この人と人の繋がりがなくてってしまえば、どんなビジネスでも先はありませんので、みんさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/04 06:50 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

新しい一歩を踏み出す 

 

お正月…

 

今日で三が日も終わりです。

 

 

思いも新たに、

 

新しい一歩を踏み出す…

 

ときです。

 

 

気持ちも新たに、

 

力強く歩み始める…

 

ときです。

 

 

年があらたまり、心もあらたまる…

 

素晴らしい一年にするためには、

 

今日のこの熱い思いを忘れない…

 

ことです。

 

 

日々是新…

 

今日の気持ちを、絶対に忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/03 06:40 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

一年の計は元旦にあり 

 

新しい年の始まりです。

 

 

思いも新たに、

何かを計画…

したり、

誓いを立て…

たりしたのではないでしょか。

 

 

新しい気持ちではじめる新しい年…

 

希望にあふれ、とても素晴らしい一年のスタートです。

 

 

「一年の計は元旦にあり」

 

 

今年一年、素晴らしい年にするためにも、

 

熱い思いで一年の計…

 

を、ぜひ、立ててみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/02 06:10 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

謹賀新年 

 

ご挨拶

 

 

 

謹んで新春のお慶びを申し上げます

 

旧年中は格別のお引き立てを賜り深く御礼申し上げます

 

本年も倍旧の御高配を賜りますようよろしくお願い申し上げます

 

 

  平成二十八年 元旦

 

 

 

本年は、さらなる飛躍の年とするべく邁進してまいりますので、変わらぬ御指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/01 06:21 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(0)