FC2ブログ







プレッシャーを感じている瞬間を狙う 

 

プレッシャーを感じている…

 

と、

 

他人の意見に振り回されやすい…

 

という傾向があります。

 

 

では、

 

プレッシャー…

 

は、どんな時に感じるのでしょうか…?

 

 

意外にも、

 

一見リラックスしている…

 

ように見える、

 

買い物している時…

 

でさえ、

 

プレッシャーを感じている…

 

のです。

 

 

たとえば、

 

どの商品にしようか迷っている…

 

ときなども、

 

気付かないうちに、プレッシャを感じている…

 

という傾向が見て取れたのです。

 

 

言い換えれば、

 

こういったプレッシャーを感じている瞬間…

 

に、

 

スッと心に入り込む…

 

と、効果的だということです。

 

 

プレッシャーを感じている瞬間を狙う…

 

上手にお客さまの心に入り込むには、こういった瞬間を狙うことも必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/20 06:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

失敗から学び、次に繋げる 

 

仕掛けというのは、

 

不発に終わる…

 

こともあります。

 

 

百発百中でうまくいく…

 

なんてことは、ないのです。

 

 

言い換えれば、

 

失敗したら、それで終わり…

 

でなく、

 

失敗から学ぶ…

 

ことが、重要なんです。

 

 

失敗から学び、次に繋げる…

 

失敗することもあるということを理解し、失敗から多くを学び、次に繋げることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/19 06:58 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

本能的な部分を揺さぶる 

 

お客さまには、

 

感情…

 

があります。

 

 

なので、、

 

感情に訴えかける…

 

のは、

 

効果的な方法…

 

です。

 

 

ただ、もう1つ覚えておいてほししいことがるんです。

 

 

それは、

 

お腹が減れば、

 

食べる…

 

など、

 

感情を越えた本能的な部分…

 

なんです。

 

 

つまり、

 

感情に訴えかける…

 

だけでなく、

 

本能的な部分に仕掛ける…

 

ことも必要だということです。

 

 

本能的な部分を揺さぶる…

 

たとえあまり美味しくないモノでも、空腹には勝てないのも事実ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/18 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

普通ではなく、極端な発想をしてみる 

 

マーケティングのアイデア…

 

を考えるとき、

 

普通…

 

に考えていたのでは、

 

普通のアイデア…

 

しか出てきません。

 

 

そこで、必要になるのが、

 

極端な発想をしてみる…

 

ことなんです。

 

 

こうすれば、

 

視野が広がり、面白いアイデア…

 

を、

 

見つけやすくなる…

 

わけです。

 

 

普通ではなく、極端な発想をしてみる…

 

一度、極端に振り切って考えると、視野も広がって、さまざまなアイデアも生まれますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/17 06:16 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どんなときも、最高のモノを提供する 

 

お客さまの多くは、

 

過去の経験に照らし合わせて、購買の判断をする…

 

という傾向があります。

 

 

たとえば、

 

過去、商品を使って失敗した…

 

とか、

 

過去、商品を使って感激した…

 

という、

 

経験を元に購買の判断する…

 

ということです。

 

 

すると、あるヒントが見えてきます。

 

 

それは、

 

1度売って終わり…

 

というような、

 

乱暴なやり方では、再度購入してもらえない…

 

という点なんです。

 

 

つまり、

 

何度も購入してもらう…

 

ためには、

 

たった一度の失敗が関係を壊してしまう…

 

ということを、

 

しっかりと理解しておく…

 

ことが、重要だということです。

 

 

どんなときも、最高のモノを提供する…

 

たった一度の失敗であっても、お客さまにとっては、それがすべてになってしまいますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/16 06:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

選ばれるような、イメージを作る 

 

お客さまは、

 

商品やサービスを購入する…

 

とき、

 

リスクを最小限に抑えよう…

 

とする傾向があります。

 

 

大切なお金を払って購入する…

 

のですから、

 

冒険はしたくない…

 

ということです。

 

 

すると、どうするか…?

 

 

有名であったり、定番であったり、人気があったりする商品やサービス…

 

を、

 

候補の選ぶ…

 

ようになるのです。

 

 

ということは、

 

有名であったり、定番であったり、人気があったりする…

 

ように、

 

商品やサービスを上手に演出する…

 

ことも必要だということです。

 

 

選ばれるような、イメージを作る…

 

ただ良い商品だというだけでなく、選ばれるようなイメージを作りあげることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/15 06:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

購入までのステップは、最小限にする 

 

購入までのステップ…

 

が、

 

増えれば、増えるほど、購入するか否かを迷いやすくなる…

 

という傾向があります。

 

 

実は、これ、

 

とても重要なポイント…

 

なんです。

 

 

なぜか…?

 

 

せっかく、一度は購入を決断しかけたお客さま…

 

を、

 

最後の最後で、逃してしまう…

 

ことになるからです。

 

 

つまり、

 

購入までのステップ…

 

は、

 

最小…

 

にして、

 

迷わせないようにする…

 

ことも必要だということです。

 

 

購入までのステップは、最小限にする…

 

購入までの手続きが簡単であればあるほど、スッと購入へと進みやすいものですので、みなさんんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/14 06:03 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまを、みすみす見逃さない 

 

買いたいモノがどこにあるか分からない…

 

このとき、お客さまは、どうするでしょうか…?

 

 

見つけるまで、探す…

 

という人も、たしかに、います。

 

 

ただ、

 

探すのが面倒だ…

 

と諦めるお客さまも、多数いるのも事実なんです。

 

 

ということは、

 

こういったお客さまを、みすみす見逃している…

 

のも、また事実なんです。

 

 

つまり、

 

お客さまを逃がさない…

 

ためには、

 

すぐ探せる…

 

すぐ見つけられる…

 

工夫をすることも必要だということです。

 

 

お客さまを、みすみす見逃さない…

 

わざわざ来てくれたお客さまを、みすみす見逃すことがないように工夫することが必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/13 06:48 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

初めて売れたときの感謝を忘れない 

 

商品が初めて一個売れた…

 

とき、

 

お客さまに心から感謝…

 

し、そして、

 

大きな感動…

 

を覚えたはすです。

 

 

しかし、

 

これが日常になってしまう…

 

と、

 

あの時の感謝や、感動を忘れてしまう…

 

のです。

 

 

はたして、これで、

 

お客さまは、喜んでくれる…

 

のでしょうか…?

 

 

つまり、

 

テクニック云々…

 

の前に、

 

初心を忘れない…

 

ことが必要だということです。

 

 

初めて売れたときの感謝を忘れない…

 

「初心忘るべからず」と言われますが、ともすると、忘れてしまいがちですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/12 06:36 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

両方のバランスを大切にする 

 

マーケティングでは、

 

スピードが大事…

 

と言われます。

 

 

ならば、スピードだけ速ければいいのか…?

 

というと、そうではありません。

 

 

時間を掛けること…

 

も必要なんです。

 

 

つまり、

 

片方に偏る…

 

のではなく、

 

バランスよく行う…

 

ことが必要だということです。

 

 

両方のバランスを大切にする…

 

どんなに、素晴らしい戦略や戦術であっても、偏ってしまうと、足下をすくわれることもありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2016/01/11 06:04 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)