FC2ブログ







明暗を分けた、お客さまの気持ちを読む力 

 

ドコモの「プッシュトーク」がサービスを停止したようです。

そして、同様のサービスを提供しているKDDIの「Hello Messenger」もサービスの停止を発表しました。

 

「お客さまが求めているサービスは何か」を読み違えると、こういう事になるというケーススタディーとして、目を通しておいてほしいと思います。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

ドコモの「プッシュトーク」がひっそりとサービス停止へ

 

先週(5月4日~10日)はゴールデンウィーク中ということもあり国内IT業界もお休みモードで、それほど大きな動きはなかった。そうしたなか、NTTドコモは8日に「グループ通話のプッシュトークを終了」をひっそりと発表した。

 

NTTドコモは08年9月中間決算の説明会で、「“プッシュトーク”や“着もじ”などあまり上手くいっていない例があるのも事実。そのようなサービスでもユーザーは存在しているため、すぐには実行できないが、今後整理をしていく必要があると認識している」とコメントしている。そこから約半年経ってようやくサービス停止の決断となったようだ。

 サービスの新規申し込みは09年9月30日に停止し、10年9月30日でサービス停止となる。ちなみにKDDIも同様のサービス「Hello Messenger」を展開していたが、3月18日に、09年8月31日でサービス停止することを発表している。

 プッシュトークのようなサービスはなぜ広がらなかったのだろうか。1つはウィルコムやソフトバンクモバイルの加入者間無料通話や各キャリアの家族間無料通話の普及があるだろう。プッシュトークの定額プランの魅力が薄れてしまった。

 またそもそもトランシーバー的な使い方がユーザーになじまなかったのかもしれない。プッシュトークのようなサービスは米国では工事現場で共同作業するために使われていたという。NTTドコモのテレビCMを見た限りでは、若者が仲のよい友人同士で使うことを想定していたようだが、実際のライフスタイルとはかけ離れていたのではないだろうか。

 

出典 IT-PLUS(http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbq000011052009)5月11日

 

 

NTTとKDDIはどちらもライフスタイルを読み間違えたのと、それと守りに入ってお客さまが本当に求めている通話料無料まで踏み切れなかったのが、今回の大きな原因ではないでしょうか。

 

ウィルコムやソフトバンクモバイルの加入者間無料通話や各キャリアの家族間無料通話は、そういう点では、ライフスタイルに合致しており、お客さまが求めていたサービスだと言えます。

 

この記事を読んで、先を読む力、一歩を踏み込む勇気の大切さを、改めて実感しました。

 

みなさんも、何かを感じ取って、ビジネスに役立ててください。

 

 

・メインブログ更新速報(5月10日)

 

「一日も早く切っ掛けを作って行動を」

「スペシャリスト集団になって活路を開く」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/11 19:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)

インターネットがもたらす変革 

 

日本語でWSJの経済ニュースを提供するサービスが年内にも始まるようです。

ウォールストリート・ジャーナルといえば、アメリカ経済紙でも特に有名です。

 

まだ本格的なコンテンツ等は発表されていませんが、アメリカのメディアが本格的に日本向けにコンテンツを提供するので、どういうものになるのか期待したいと思います。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

米ダウ・ジョーンズ:WSJの経済ニュース、ネットで提供

 

米経済紙のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を発行する米ダウ・ジョーンズ社と、日本のネット金融大手のSBIホールディングスは7日、ネット上で日本語でWSJの経済ニュースを提供するサービスを年内に始めると発表した。

 

両社は月内にニュースサイト運営のための合弁会社「ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン」を設立。年内にWSJの日本語版サイトをつくり、WSJの翻訳記事やダウ・ジョーンズが発行する他の出版物の翻訳記事を提供する。無料で提供する情報と有料にする情報を分ける考えで、詳細は今後詰める。WSJが英語以外の外国語でネットサイトを本格的につくるのは、アジア地域では中国に次いで2番目。

 

合弁会社への出資比率は、ダウ・ジョーンズ社60%、SBI40%。日本語版サイトの編集長はダウ・ジョーンズ側が任命する予定。SBIはネットを通じた金融サービスが主力だが、WSJの米国ニュースなど有力コンテンツを取り込むことで、グループの証券や銀行などの顧客拡大につなげたい考えだ。

 

出典 毎日jp(http://mainichi.jp/select/biz/news/20090508k0000m020124000c.html)5月7日

 

 

インターネットがもたらす変革は、いろいろ意味でグローバル化を急速に推し進めていると言えます。

 

紙媒体では考えられなった、米経済紙のウォールストリート・ジャーナルの日本進出。

これは、ある意味、今後の大きな変革の序章なのかもしれません。

 

言語の違いも、今ではそれほど大きな障壁にはならないので、次なる展開があるように思うのは、私だけでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月9日)

 

「イメージではなく、訴求する内容を伝える」

「売るためには、ココを間違えないように」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/10 02:57 ] その他 | TB(0) | CM(0)

思うことがうまく伝えられるように 

 

みなさんも仕事上、何かと文章を書く機会が多いのではないでしょうか。

 

ビジネスブログなんかを書くにしても、

「文章力がもっとあったら…」

なんて、思うこともあるのではないでしょうか。

 

ちなみに、私はいつも思っているのですが…

 

そこで、ちょっと目に留まった記事をご紹介します。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

 

『弁護士が書いた究極の勉強法』『弁護士が書いた究極の読書術』に続き、第3弾となる本書のテーマは文章術。小説の書き方ではなく、ビジネスの現場で書く文章や大学のレポートなど、実用文の書き方がわかる本です。読み手はお客様であり、文章はサービス。サービスであるならば、難解な文章なんて論外です。読んだ人が短い時間で素早く論点を知ることができる、分かりやすい文章を書くにはどうしたらよいのか。具体的なヒントが28個書かれています。仕事のメールや報告書作りなど、文章を書く機会が多い方にはとても参考になると思います。

 

出典 丸の内オフィス(http://book.marunouchi-office.jp/)

 

 

誰でも難解な文章を読むより、読みやすい文章を読みたいと思うはずです。

ですが、現実に読みやすい文章を書くとなると大変です。

 

そこで、こういう本でポイントをつかんで、文章の勉強をしてみるのも良いのではと思います。

 

文章がうまくなり、思うことがうまく伝えられるようになれば、お客さまとの関係も、より良好になるのではないでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月8日)

 

「この10年の変化に、ついていけてますか」

「担当者の声を届けてください」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/09 17:18 ] その他 | TB(0) | CM(0)

たまには、広い宇宙に思いを馳せて 

 

今日は、少しスケールの大きな記事を取り上げたいと思います。

それは、国立天文台と東京大などの研究チームが観測した、モンスター銀河の記事です。

 

一般的な銀河の1000倍の速さで星を生み出すというのですから驚きです。

 

宇宙には、私たちの知らないことが、まだまだ、たくさんあると思うと、感慨深いものがあります。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

「怪物銀河」が30個、115億光年先に群れ発見…東大など

 

アステ望遠鏡がとらえたモンスター銀河(赤色)=国立天文台提供 115億光年先の宇宙で、一般的な銀河の1000倍の速さで星を生み出す巨大な「モンスター銀河(怪物銀河)」が群れ集まる様子を、国立天文台と東京大などの研究チームが、南米チリの電波望遠鏡「アステ」を使って世界で初めて観測した。

 

7日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 

モンスター銀河は、年間数千個もの星を生み出し、地球を含む銀河系より数倍重い。これまで個別の観測例はあったが、今回はみずがめ座の方向で30個を撮影することに成功した。

 

モンスター銀河は、大量のガスやちりに覆われているため、可視光や紫外線では観測できず、電波望遠鏡でのみ観測できる。

 

国立天文台の田村陽一研究員は「モンスター銀河の分布が初めてわかり、今後の研究で銀河の進化過程に迫りたい」と話している。

 

出典 YOMIURI ONLINE(http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090507-OYT1T00470.htm)5月7日

 

 

こういう記事を読むと、宇宙というのは「ホントに広い」と改めて実感します。

 

考えてみると、私たちが住んでいる地球なんて、小さな星の一つにしか過ぎません。

宇宙からすれば、広大な銀河でさえ小さなものなのですから…

 

みなさんも、たまには、広い宇宙に思いを馳せて、日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月7日)

 

「常識の反対側にあるものが、すべての鍵(かぎ)」

「90パーセントが失敗でも大丈夫です」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/08 17:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)

オラクルのケースを勉強してみる 

 

積極的な企業買収の手法が各方面から注目を集めているオラクルが、ついにサン・マイクロシステムズを手中に収めました。

 

これによりオラクルは、垂直統合型システム・プレーヤーとなるわけです。

ですが、巨人といわれる、IBM、MSを敵に回したということも事実です。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

サン買収でIBM、MSと最終決戦へ!

IT業界の風雲児オラクルの気炎万丈

 

IBMによる買収交渉が破談に終わったサン・マイクロシステムズが、オラクルへの“身売り”を決めたことで、IT業界に波紋が広がっている。IBMによる買収話がお流れとなったのは、4月初めのこと。オラクルの発表は、その2週間後というスピーディーさだった。この間、サンの株価は下がり続け、経営破綻も免れないのではとの噂すら広がっていた。

 

オラクルによる買収額は、IBMの提示額(70億ドル)を上回る74億ドル。しかもオラクルとサン両社の相乗効果が評価される中でサンの技術力が輝きを増し、「IBMはさぞかし後悔していることだろう」という発言すらIT業界の中枢から聞かれるようになってきた。何と言っても、オラクルは、サンを手中に収めたことでハードウェアを加え、完璧な垂直統合型システム・プレーヤーとなり、IBMの最大の強敵として立ち現れたからである。

 

オラクルはここ数年、積極的な企業買収によって、企業向けソフトウェアのコマをひとつひとつ埋めてきた。2005年以来同社が買収したのは50社以上で、費やした額も400億ドルを超える。その結果、オラクルは従来のデータベースだけでなく、顧客管理(CRM)、企業パフォーマンス管理(EPM)などをパッケージ化した企業資源管理(ERP)プラットフォーム、ミドルウェア、インフラストラクチャーなどを一括して、いわゆる「ワンストップ・ショッピング」方式で顧客企業に提供できるようになっていた。

 

出典 ダイヤモンド・オンライン(http://diamond.jp/)5月01日

 

 

ここ数年、強力な手法で企業買収を推し進めて、事業規模を拡大させてきたオラクル。

 

約5年で50社以上の買収を成功させている手法は、良くも悪くもケーススタディーとして勉強の必要があると思います。

また、急激に事業規模を拡大した歪みを、どのような手法でとっているのかという点にも興味があります。

 

オラクルの手法はきっと役に立つと思いますので、みなさんも勉強してみてはいかがでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月6日)

 

「周りから見れば超リッチなんです」

「いち早く新しいステージに進んでください」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/07 17:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

パレートの法則で考える、優良顧客と売り上げの関係 

 

パレートの法則をネットで活用することについては、だいぶ以前から声高に叫ばれています。

 

ですが、このパレートの法則は切り口によって、その性質が大幅に異なります。

そこで、実践で使うためには、いろいろな切り口を勉強しておくことが大切です。

 

今日は、このパレートの法則の、一つの切り口について、参考になりそうな記事がありましたので一部抜粋してみました。

 

 

Web 2.0的ビジネスを支える黄金ルールの「真実」

 

パレートの法則では、「20パーセントの優良顧客が、売り上げの80パーセントを占める」。そのため、優良顧客を増やすことが売り上げ増加に直結するので、優良顧客に対して手厚いサービスをしようということになる。めったに買ってくれない客のところへ行くよりも、いつも買ってくれる客のところへ行くのが、優秀な営業マンだというわけだ。1人の人間にできる仕事量には限界があるのだから、対面でサービスを提供する場合には、これは完全に正しい。

 

売り上げとバランスをとるべきコストは、この場合は新規顧客獲得および既存顧客フォローにかかるコストである。営業マンが出向いて商品の説明をするより、電話や郵便によるダイレクトマーケティングの方が効率はいいが、電子メールによるダイレクトメールならば、郵便料金よりも格段にコストが安いうえ、労力も少なくて済む。自社のサービスを知っている見込み顧客を得ることについて、ネットをはじめとする情報通信技術は大きく寄与してくれる。

 

次のステップは「優良顧客を育てる」ということだ。対面型のサービス提供の場合の、新製品が出たら新しい資料を持って説明に行くとか、ある商品を買った人に関連の商品を紹介するといったことである。ECサイトならば、それを機械にやらせることができる。いつもたくさん買ってくれる人にも、たまにしか買ってくれない人にも、同じように新製品やキャンペーン、関連商品の情報を提供する。これが、ECサイト上ならば低コストで簡単に行える。顧客とのコミュニケーションコストが下がったことにより、20パーセントの優良顧客以外もフォローすることができるようになったというわけだ。つまり、商品のロングテール部分ではなく、「顧客のロングテール」部分を増やすのである。

 

出典 All-in-One INTERNET magazine 2.0(http://i.impressrd.jp/)

 

 

パレートの法則というのは、縦軸、横軸に何をとるかによって、その性質が大きく変わってきます。

 

ここでは、顧客の購入金額と売り上げを両軸にしているのですが、この両軸に対してのここに書いてある打ち手は、なるほどと頷けるものです。

 

打ち手というものは、いろいろなものを数多く知っておくほうが役に立つものです。

こういう、切り口もあるのだという参考にしてみてください。

 

 

・メインブログ更新速報(5月5日)

 

「テイクアウト(持ち帰り)できます」

「面白い展開が見えてきました」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/06 19:52 ] その他 | TB(0) | CM(0)

増え続ける情報を整理しましょう 

 

日々の情報収集は大変です。

 

インターネットの恩恵のお陰で便利になったのですが、ストックしておく情報量がどんどん増えて整理するのに一苦労です。

 

そんなとき使える、ちょっと便利なツールを見つけました。

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

調べ物のお供に「URLリスト化ツール」

 

インターネットで調べ物をしているときに、「このトピックに関係のあるWebページをまとめて、リストとして残しておきたいなあ」と思ったことはありませんか? そんなときにぴったりの「URLリスト化ツール」を紹介しましょう。

 

URLリスト化ツールは、入力したURLにページタイトルを付けて、リストとして出力してくれるWebアプリです。リスト化したいURLを改行で区切って入力し、「生成する!」ボタンをクリックしてみましょう。

 

出力するリストは、URLとタイトルのみのテキスト版と、リストタグとリンクタグが付いたHTML版の2種類。フォーム内をクリックすると全選択されるので、コピーして使いましょう。

 

報告書やプレゼンの資料まとめなど、参考文献としてURLを列挙する機会は意外と多いもの。そのほかにも、おすすめの記事をメールに貼り付けて、同僚や友人に送信するもよし。ブログで記事を書いたときに、関連記事リストの作成に使うもよし。URLを貼り付けて1クリックするだけの簡単操作で、日々のちょっとした手間を軽減します。

 

出典 ITmedia Biz.ID(http://bizmakoto.jp/bizid/)

 

 

こういうちょっとしたお助けツールは、うまく使えばとても便利です。

 

テキストやHTML形式で保存できるので、使い道はいろいろ。

みなさんがストックしてきた情報の整理に、ブラウザーのお気に入りの整理に、便利に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

・メインブログ更新速報(5月4日)

 

「信頼関係を築けば、メリット無限大」

「柔軟に見て、ワンステージアップを」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/05 15:58 ] その他 | TB(0) | CM(0)

こんな所からトレンドが見えてきます 

 

第7回東京インタラクティブ・アド・アワードの結果が先日発表されていました。

最新のトレンドを知る上でも、内容はチェックしておきたいものです。

 

とくに、今回グランプリに輝いたミクシィの異業種タイアップの手法については、研究する価値がありそうです。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

インターネット広告賞:「ミクシィ年賀状」がグランプリ

 

グランプリの「ミクシィ年賀状」 優れたインターネット広告を表彰する「第7回東京インタラクティブ・アド・アワード」(主催・インターネット広告推進協議会=JIAA)の受賞者が30日発表され、グランプリは郵便事業会社(日本郵便)の「ミクシィ年賀状」に決まった。「ミクシィ年賀状」は、メディアタイアップ部門・プロダクトタイアップ、その他のインタラクティブ広告部門でも金賞を受賞した。

 

「ミクシィ年賀状」は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ミクシィ」の友人・知人を対象に、住所や本名、メールアドレスを互いに知らなくても日本郵便発行のお年玉付き年賀はがきで年賀状を作成・郵送することができるサービス。審査では、ネットメディアとのかけ算による技術革新を考えている▽ターゲットが求めるサービスを開発することが価値ある広告になるというテーマのど真ん中にある--ことが評価された。

 

このほか金賞には、指定した時間に女性がモーニングコールしてくれる無料サービス「AXE WAKE-UP SERVICE INC.」(ユニリーバ・ジャパン、モバイル部門・モバイルキャンペーンほか)、Tシャツキャンペーンサイト「UT LOOP!」(ユニクロ、ウェブサイト部門・キャンペーンサイト)など11点が選出された。

 

 

このような賞というのは、1年後のトレンドを知る上で、とても役に立ちます。

ただ闇雲にトレンドを追っても何も見えてきませんが、受賞した企業・作品等を見てみると何か一つの繋がりが見えてきます。

 

早すぎる仕掛けは考え物ですが、旬の仕掛けをするために、こういう情報には日頃から目を光らせておくようにしてください。

 

 

・メインブログ更新速報(5月3日)

 

「腰掛けてないで動き回ってください」

「届くのは10件中1件だけです」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/04 21:11 ] その他 | TB(0) | CM(0)

500円なら…1,000円なら… 

 

1,000円で乗り放題の「休日割引制度」が導入されて、この連休の人の動きが活発になっています。

これは、高速道路網に潜在的な需要があった証だとも言えます。

 

高速道路料金設定の抜本的な見直しも必要な時期なのかもしれません。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

「1000円高速」、3日も渋滞続く

 

1000円で乗り放題の「休日割引制度」が導入された高速道路は、3日も未明から各地で渋滞が相次いだ。

 

日本道路交通情報センターによると、3日朝の下りの渋滞は、東北道加須インターチェンジ(IC、埼玉)付近で35キロ、中央道上野原IC(山梨)付近で39キロ、中国道宝塚IC(兵庫)を先頭に名神高速道路まで32キロなど。

 

3日午後は上りの混雑が始まり、夕方から夜にかけて中央道小仏トンネル(神奈川、東京)付近で35キロ、東名高速大和トンネル(神奈川)付近で30キロ前後の渋滞が予想されている。〔共同〕(10:18)

 

出典 NIKKEI NET(http://www.nikkei.co.jp/)5月3日

 

 

この記事の中にも、商売のヒントは隠されているように思います。

 

今は1,000円ですが、これが500円だったらどれくらいの効果だったのか?

倍の2,000円だったたらどうなのか?

 

テストできないのが残念ですが、これが測定できたらまた違った方向性も見えてくるのではないでしょうか。

 

実際の商売では、ほとんどのことが測定可能です。

なのでテストして測定して、結果を活かすことを心掛けてください。

 

 

・メインブログ更新速報(5月1日)

 

「女性向け商品はこうすれば売れる」

「導入は、お客さまに価値あることですか」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/03 15:09 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ヒントが隠されています 

 

米政府のコミュニケーション政策には、いつもながら驚かされますが、今回もまた、面白い試みを始めたようです。

最新のコミュニケーション技術をいち早く取り入れる姿勢に、新しい時代を感じます。

 

 

・ニュース拾い読み…情報力で勝つ。

 

米政府、公式Twitterをスタート

 

米政府は5月1日、「White House 2.0」と題した公式ブログで、Twitterをはじめとする複数のコミュニケーションサイトでの情報発信を開始したことを発表した。豚インフルエンザや経済危機に関する情報を従来より迅速に国民に届け、交流するのが目的としている。

 

バラク・オバマ米大統領は4月最後の定例ビデオ演説で、「古い習慣や考え方では現在の課題を解決できない。われわれは政府を改革し、効率、透明性、創造性をより高める必要がある」と語り、国民の政治参加のためにホワイトハウスの壁を越えると約束した。

 

新たに設置されたのは、Twitterの「whitehouse」、Facebookの「White House」、MySpaceの「The White House Blog」で、Twitterは公式ブログへのリンク、FacebookとMySpaceは公式ブログと同じ内容となっている。

 

米政府の公式サイト上のブログにはコメントをつけられないが、これらの新サイトではフォローやコメントが可能だ。公式Twitterにはスタートから6時間後、1万人以上がフォロワーとして登録している。

 

米政府は既に、Flickr、Vimeo、YouTube、iTunesにもアカウントを持っている。

 

出典 ITmedia News(http://www.itmedia.co.jp/news/)5月2日

 

 

この記事を読まれて、

「米政府は凄いな…」

「こういうコミュニケーションのやり方もあるんだ…」

ではなく、みなさんの会社やお店にフィードバックできるものを見つけてください。

多くのヒントが、この中に隠されています。

 

 

・メインブログ更新速報(5月1日)

 

「121日と244日」

「成功する起業家に共通する3項目」

 

上記2件を掲載…お時間が許せば、お立ち寄りください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/05/02 13:44 ] その他 | TB(0) | CM(0)