FC2ブログ







お客さまに親しみを持ってもらう 

 

お客さまに受け入れてもらうためには、様々な工夫が必要です。

 

その中でも重要なのが、

「信頼関係の構築」

だといえます。

 

とはいえ、この信頼関係を構築するには長い時間を必要となります。

これでは、すぐに使えるテクニックにはなりません。

 

そこで、信頼関係を構築する手前の段階である、「気が合う」「ウマがあう」という状況を作り出すようにしてください。

 

よそよそしい態度は止め、親しい人に行うように、笑顔でボディタッチをしているような気持ちで接すれば、お客さまも不思議と

「この人とは気が合う」

「この人とはウマが合う」

と感じるものです。

 

接客とは、お客さまと接することです。

みなさんも、お客さまに親しみを持ってもらうところから始めてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/05/31 18:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a333a.blog35.fc2.com/tb.php/497-8085846a