FC2ブログ







コマーシャルの広告効果が年々薄れているようです 

 

テレビでのコマーシャル(マス・マーケティング)効果は年々薄れているようです。

 

ある調査によりますと、

「テレビコマーシャルを見る人は、番組を見ている人の約20パーセント程度」

と言われています。

 

その上、意識レベルは番組を見るときの半分以下というので、現実的には、数パーセントしか、まともにコマーシャルを見てないことになります。

 

これでは、

「相当数のコマーシャル露出がない限り、効果が目に見えて出ることはない」

と言えるのではないでしょうか。

 

このようなことから、これからは“視聴率何パーセントだから、広告効果はこれぐらい”といった方程式を過信することなく、自社自店に適した、現実的に効果のある方法を複数視野に入れたPR戦略を考えてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/13 18:04 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a333a.blog35.fc2.com/tb.php/298-4be9891f