FC2ブログ







小さな需要に目を向けてみる 

 

大きな需要が少ないから売れない…

 

たしかに、これはある意味事実です。

 

 

なぜなら、

 

ある程度大きな需要…

 

というのは、案外少ないからです。

 

 

しかし、

 

大きな需要…

 

というのは少なくても、

 

小さな需要は意外とある…

 

というのも、また事実なんです。

 

 

つまり、

 

この小さな需要を、いかに見つけるか…?

 

そして、

 

この小さな需要に、いかに訴求するか…?

 

ここに知恵を絞ることが、必要だということです。

 

 

小さな需要に目を向けてみる…

 

流行のような大きな需要だけでなく、小さな需要であっても、工夫さえすれば売れるはずですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/28 06:44 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a333a.blog35.fc2.com/tb.php/2045-8f49c2ed