FC2ブログ







お客さまの感性を理解してあげる 

 

自分の感性を信じて、

 

プロとしてのアドバイス…

 

をすることは良いことです。

 

 

ただ、一つ覚えておかないといけないのが、

 

自分の感性は、必ずしもお客さまの感性と一致するわけではない…

 

という現実です。

 

 

簡単に言えば、

 

自分が良い…

 

と思ったモノであっても、

 

お客さまにとっては、どうかわからない…

 

ということです。

 

 

プロとしての感性をアドバイスしながら、

 

お客さまの感性を理解してあげる…

 

ここが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/26 06:24 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://a333a.blog35.fc2.com/tb.php/1373-f9841fd1