スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広告や宣伝の費用を抑える工夫をする 

 

宣伝や広告…

 

は、必要なものです。

 

 

ただ、だからと言って、

 

ただ増やせばいい…

 

というものでもありません。

 

 

なぜなら、

 

増やせば、増やすだけ、費用もかさむ…

 

のですから、

 

経費を圧迫する…

 

のも事実だからです。

 

 

つまり、

 

費用を抑えながら、効果を上げる工夫…

 

も必要だということです。

 

 

広告や宣伝の費用を抑える工夫をする…

 

広告や宣伝は、増やせば必ず、それだけの効果があるというものではありませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2015/10/10 06:24 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

もっと頻繁に、お客さまに連絡する 

 

たまにお客さまに、連絡を取って、

 

買ってくれない…

 

と嘆く会社やお店も少なくありません。

 

 

では、

 

たまに連絡すれば、それでいい…

 

のでしょうか…?

 

 

たまに、連絡を取っていれば、

 

売り手の気持ちが伝わる…

 

のでしょうか…?

 

 

そうではないのです。

 

 

たまに連絡したぐらいでは気持ちは伝わらない…

 

のです。

 

 

頻繁に連絡するから、気持ちも伝わる…

 

のです。

 

 

つまり、

 

お客さまと距離を縮めたい…

 

と思うなら、

 

もっと頻繁に連絡を取ること…

 

も必要だということです。

 

 

もっと頻繁に、お客さまに連絡する…

 

たまに連絡するのではなく、頻繁に連絡するからこそ、お客さまとの距離も縮まりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/09 06:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

楽をしたいなら、基本をしっかりと行う 

 

「濡れ手で粟」で儲けたい…

 

なぜか、このように「楽」を求めてしまいます。

 

 

たしかに、

 

楽をしたい…

 

という気持ち自体が悪いわけではありません。

 

 

ただ、

 

その方向へと偏りすぎる…

 

のは、良くないのも事実なんです。

 

 

たとえば、

 

テクニックだけ…

 

に走りすぎると、どうなるでしょうか…?

 

 

目先のことは、なんとかなっても、

 

長期的には、頭を打つことの方が多い…

 

のも、事実なんです。

 

 

つまり、

 

楽をしたい…

 

と思うなら、

 

目先のテクニックだけ…

 

ではなく、

 

ビジネスの基本をしっかりと行う…

 

ことも必要だということです。

 

 

楽をしたいなら、基本をしっかりと行う…

 

基本をしっかりと行っているからこそ、長期的に安定した成果を出すこともできますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/08 06:40 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

今までの方法論を疑ってみる 

 

多くの会社やお店では、

 

今までのやり方…

 

を変えようとはしません。

 

 

やり方を変えずに、成果だけだそう…

 

と考える傾向があるのです。

 

 

では、これで、

 

ほんとうに成果は上がる…

 

のでしょうか…?

 

 

資料では、

 

何も変えずに成果だけ期待しても無理…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

つまり、

 

成果を上げたい…

 

と思うなら、

 

今までのやり方を見直してみる…

 

ことも必要だということです。

 

 

今までの方法論を疑ってみる…

 

今までやってきたことを疑ってみるからこそ、新しい発想も浮かびますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/07 06:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

マーケティングを楽しむ 

 

楽しいこと…

 

をするのは、誰もが好きです。

 

 

たとえば、

 

ゴルフが好きな人…

 

は、

 

コースに出る…

 

のが楽しみなんです。

 

 

なので、

 

そのための練習も、楽しくてしょうがない…

 

わけです。

 

 

マーケティングもこれと同じです。

 

 

マーケティングが好きになれば、

 

さまざなな試行錯誤も楽しくなる…

 

のです。

 

 

つまり、マーケティングは、

 

やらなければならないもの…

 

という発想から

 

楽しむもの…

 

という発想になることが必要だということです。

 

 

マーケティングを楽しむ…

 

楽しむからこそ、壁にぶち当たっても、試行錯誤を重ねることも、楽しみながらできますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/06 06:00 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

長期戦略としてのマーケティング 

 

売るためには、何をしてもいいのか…?

 

というと、そうではありません。

 

 

マーケティングには、

 

それなりのルール…

 

があるのです。

 

 

その一つが、

 

短期の損得ではなく、長期の戦略…

 

というルールなんです。

 

 

このルールを守らず、

 

短期の損得に終始すると、いずれ足下をすくわれる結果になる…

 

になるのです。

 

 

長期戦略としてのマーケティング…

 

なにかと目先の利益にとらわれがちですが、ここが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/05 06:29 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまに選ばれる情報を提供する 

 

情報化社会が加速度的に進んでいる現在、

 

お客さまの元には、ものすごい量の情報…

 

が、好むと好まざるに関わらず、押し寄せています。

 

 

すると、

 

全部を処理できるわけではない…

 

ので、

 

取捨選択が一段と激しくなる…

 

わけです。

 

 

言い換えれば、

 

売り手が送る情報は、より質が良いモノ…

 

でなければ、

 

受け入れられない…

 

ということなんです。

 

 

つまり、

 

お客さまに受け入れてもらいたい…

 

と思うなら、

 

今までは、これで良かった…

 

という発想ではなく、

 

今までより格段に良い情報を提供する…

 

という発想が必要だということです。

 

 

お客さまに選ばれる情報を提供する…

 

お客さまの情報を取捨選択する基準は、日に日に厳しくなっていますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/04 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの時間に合わせる 

 

ビジネスの種類によって、お客さまの流れが違う…

 

ので、

 

お客さまのピークの時間も違って当たり前…

 

です。

 

 

言い換えれば、

 

それに合わせてビジネスを行う…

 

ことが必要なんです。

 

 

しかし、現実は、

 

売り手の都合のいい時間に、お客さまを合わさせている…

 

のが現状なんです。

 

 

ならば、

 

お客さまに時間を合わせることができる…

 

としたら、どうなるのでしょうか…?

 

 

これは、そのまま、

 

ビジネスチャンスに繋がる…

 

わけなんです。

 

 

つまり、

 

売り手の都合のいい時間…

 

ではなく、

 

お客さまの都合のいい時間に合わせる…

 

ことが必要だということです。

 

 

お客さまの時間に合わせる…

 

売り手の都合で時間を決めることで、大きなビジネスチャンスを逃しているのも事実ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/03 06:49 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの目線の先を意識する 

 

商品のディスプレイ…

 

では、

 

お客さまの目線…

 

が、

 

大きな影響…

 

を及ぼします。

 

 

簡単に言えば、

 

目線が向かない位置…

 

に、

 

ディスプレイされたモノ…

 

は、

 

商品が、そにあっても、認識されない…

 

ということです。

 

 

これだけ読むと、

 

実に当たり前のこと…

 

です。

 

 

しかし、現実の現場では、

 

あまり意識されてない…

 

のも事実なんです。

 

 

つまり、

 

お客さまの目線をもっと意識する…

 

ことも必要だということです。

 

 

お客さまの目線の先を意識する…

 

普通に考えれば分かるような簡単なことだからこそ、意外と見落とされてしまいがちですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/02 06:01 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

自社の色に自信を持つこと 

 

他社と同じようなことをするのは、気が引ける…

 

と考える人も多いようです。

 

 

では、

 

こういったケース…

 

で、

 

まったく同じことをしているのか…?

 

というと、

 

意外とそうではない…

 

のです。

 

 

やはり、そこには、

 

その各社の色が出ている…

 

ものなんです。

 

 

つまり、

 

他社は他社、自社は自社という自信を持つ…

 

ことも必要だということです。

 

 

自社の色に自信を持つこと…

 

さまざまな方法論というのは、どうしても似通ってくるのも事実ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/10/01 06:18 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。