FC2ブログ







未来を当てられる人なんていない 

 

何がお客さまに受け入れられるか…

 

これを、

 

100パーセント当てられる人…

 

はいません。

 

 

しかし、多くの会社やお店では、

 

一度、受け入れられない…

 

と、その後は、

 

嘆いているばかり…

 

で、なにもしようとしないのです。

 

 

上述したように、

 

100パーセント、当てられる人がいない…

 

にも、かかわらずです。

 

 

はたして、これで、

 

これから先、うまく行くことがある…

 

のでしょうか…?

 

 

つまり、

 

当たらないことを前提…

 

に、

 

とりあえず試してみる…

 

ことが必要だということです。

 

 

未来を当てられる人なんていない…

 

たとえ、ヒットメーカーであっても、大転けすることがあるのがビジネスですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2015/08/10 06:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)