FC2ブログ







サービスの均質化を図る 

 

機械的なマニュアル通りの接客…

 

は、

 

お客さまに好まれない…

 

と考えている傾向があります。

 

 

では、ほんとうに、そうなのでしょうか…?

 

 

資料を調べてみると、意外にも、

 

無愛想でなければ、職種によっては受け入れられているケースがある…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

たしかに、

 

無愛想…

 

では困ります。

 

 

しかし、

 

愛想…

 

さえ良ければ、

 

マニュアル通りに機械的な接客…

 

でも、

 

受け入れられる可能性は高い…

 

のです。

 

 

つまり、

 

必要最低限の条件…

 

を揃えて、

 

機械的なマニュアルを作る…

 

ことも、

 

サービスを均質化する…

 

ためには、必要だということです。

 

 

サービスの均質化を図る…

 

サービスを均質化して、いつでも同じサービスが受けられるというのも、重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/20 06:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

あったら面白いものを考えてみる 

 

羽根のない扇風機…

 

誰もが、

 

あったら面白い…

 

と思ったはずです。

 

 

そして、実際に、

 

この羽根のない扇風機…

 

には、

 

大きな需要があった…

 

のも事実です。

 

 

ポイントは、ここなんです。

 

 

誰もがあったら面白い…

 

と思うことには、

 

大きな需要がある…

 

のです。

 

 

つまり、

 

ヒットを生む…

 

には、

 

身の回りのあったら面白い…

 

を、

 

実現させる…

 

ことが必要だということです。

 

 

あったら面白いものを考えてみる…

 

身の回りを探せば、さまざまなあったら面白いものがあるはずですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/19 06:53 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売るための演出にもっとこだわる 

 

良い商品…

 

なら、

 

多少、宣伝や、売り方が不味くても売れる…

 

と考えがちです。

 

 

たしかに、

 

多少の違い…

 

はあると思います。

 

 

しかし、資料によると、

 

売り方の演出…

 

が不味ければ、

 

売れにくい…

 

という傾向にあるのも、事実なんです。

 

 

つまり、

 

商品力…

 

も大事ですが、

 

売るための演出に力を注ぐ…

 

ことも必要だということです。

 

 

売るための演出にもっとこだわる…

 

売るための演出は、一つや二つではなく、考えれば切りがないほどできるはずですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/18 06:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

隔たりを埋める方法を考える 

 

成果を得る…

 

ためには、

 

まず、何をしなければならないのか…

 

を知る必要があります。

 

 

簡単に言えば、

 

得たい成果…

 

と、

 

現状の隔たり…

 

を、しっかりと理解して、

 

その間を埋めるには何をすればいいのか…?

 

を知る必要があるのです。

 

 

これができてないと、

 

ただ空回りするだけ…

 

になってしまうわけです。

 

 

つまり、

 

成果を出す…

 

ためには、

 

隔たりを埋める…

 

ことが重要だということです。

 

 

隔たりを埋める方法を考える…

 

隔たりを埋めることができず、ただ空回りしているだけでは成果は期待できませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/17 06:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売ること、この一点だけに集中する 

 

売れるもの…

 

であれ、

 

売れないもの…

 

であれ、

 

売らなければならない…

 

のが、ビジネスです。

 

 

言い換えれば、

 

売れるものしか売れない…

 

では、

 

ビジネスにはならない…

 

のです。

 

 

つまり、

 

売るには、どうすればいいのか…?

 

この一点に集中することが、必要だということです。

 

 

売ること、この一点だけに集中する…

 

売れないのは、何かに原因があるわけであり、更なる努力が必要だということですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/16 06:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

付随するビジネスを創造してみる 

 

ビジネス…

 

というのは、

 

商品だけを売らなければならない…

 

分けではありません。

 

 

たとえば、

 

鉛筆を売る…

 

としたら、

 

鉛筆を使った絵画教室…

 

を、売ってもいいのです。

 

 

言い換えれば、頭を柔軟にさえすれば、

 

一つの商品…

 

に対して、

 

さまざまなビジネスを創造して販売できる…

 

わけなんです。

 

 

つまり、

 

柔軟な発想で、ビジネスを考える…

 

ことが必要だということです。

 

 

付随するビジネスを創造してみる…

 

まったく新しいものではなく、付随するビジネスなら、創造するのも簡単ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/15 06:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

今より数十倍一生懸命売る 

 

100円の商品

 

 

100万円の商品…

 

どちらを売る方に、力が入るでしょうか…?

 

 

たぶん、

 

100万円の商品…

 

の方が力が入るはずです。

 

 

では、同じように、

 

100円の商品…

 

に力を入れて売ると、どうなるでしょうか…?

 

 

多くの人が、

 

情熱的に売っている…

 

と感じる傾向があるのです。

 

 

つまり、

 

熱意を伝えたい…

 

なら、

 

今より、数十倍高額な商品を売っているつもりで売り込む…

 

ことが、必要だということです。

 

 

今より数十倍一生懸命売る…

 

気持ちを込めると伝わると言われるように、熱意を伝えるには、それだけ熱意を込めることが必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/14 06:56 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

時代の流れに合った売り方を考える 

 

会社やお店が、

 

値引きなどのセール…

 

をするときは、

 

売れやすい時期にする…

 

ものです。

 

 

たとえば、ボーナス時期などです。

 

 

では、

 

カードでボーナス一括払い…

 

が、

 

いつでもできる…

 

なら、どうなるでしょうか…?

 

 

こうなると、話は変わってきます。

 

 

つまり、

 

環境が変わった…

 

なら、

 

環境に合わせた売り方の工夫…

 

も必要だということです。

 

 

時代の流れに合った売り方を考える…

 

昔からこうやっているというのは、いつのまにか通用しなくなっていることがありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/13 06:25 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お金を出してでも買いたい商品なのか…? 

 

アンケート…

 

や、

 

事前のデータ…

 

などでは、

 

人気のあった商品やサービス…

 

なのに、

 

実際に売ってみる…

 

と、

 

売れない…

 

なんてことはよくあることです。

 

 

これは、

 

たんに好き…

 

と、

 

お金を出して買う…

 

が、

 

一緒にならない…

 

からなんです。

 

 

つまり、

 

買ってもらう…

 

には、

 

お金を出してもいいと思えるモノを売る…

 

ことが必要だということです。

 

 

お金を出してでも買いたい商品なのか…?

 

「好き」とか「いいな」ではなく、お金を出してでも買いたい商品なのかが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/12 06:23 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

独自のカテゴリーを制する 

 

カテゴリーを制する…

 

と、

 

ブランド…

 

は強烈に強くなります。

 

 

たとえば、

 

コーヒーと言えば、スタバ…

 

というようにです。

 

 

ただ、一般的な会社やお店では、

 

大きなカテゴリーを制する…

 

なんてことは、なかなかできることではありません。

 

 

では、どうすればいいのか…?

 

 

細かく、細かく、細分化したりして、

 

独自のカテゴリーを作る…

 

ことが、重要になるのです。

 

 

つまり、

 

独自のカテゴリー作ってでも、カテゴリーを制する…

 

ことが重要だということです。

 

 

独自のカテゴリーを制する…

 

独自のカテゴリーであれば、誰も参入してないわけですから、いとも簡単に制することができますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/06/11 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)