FC2ブログ







改善の余地がある以上、高みを目指す 

 

どんなに素晴らしい商品やサービスを提供…

 

しても、

 

すべてのお客さまを納得させる…

 

なんてことは、できません。

 

 

言い換えれば、

 

どんな商品やサービス…

 

であっても、

 

どんな売り方で…

 

であっても、

 

改善の余地は山ほどある…

 

ということなんです。

 

 

つまり、

 

マーケティング…

 

においては、

 

少しの成果で、納得して足を止める…

 

のではなく、

 

更なる高みを目指す…

 

ことが必要だということです。

 

 

改善の余地がある以上、高みを目指す…

 

途中で足を止めてしまえば、後から来る人に追い越されるのが世の常ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2015/05/29 06:28 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)