スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コアな人を説得して、周りの同意を誘う 

 

人というのは、

 

同意を求められると、なかなか「嫌」とは言えない…

 

という傾向があります。

 

 

たとえば、友だちと食事をしていて、

 

「これ美味しいね…」

 

と言われて、

 

「嫌、不味い…」

 

とか、

 

「自分の口には合わない…」

 

とは言いにくいのです。

 

 

これ、重要なポイントなんです。

 

 

実は、資料によると、

 

数人のグループなど…

 

では、

 

コアになる人が同意を求める…

 

と、

 

他の人は、それに従いやすい…

 

という傾向があるのです。

 

 

つまり、

 

コアな人から説得する…

 

ことで、

 

他の人にも同意してもらう…

 

ことも、

 

重要なテクニックの1つ…

 

だということです。

 

 

コアな人を説得して、周りの同意を誘う…

 

説得するのは誰でも同じと考えるのではなく、まずコアな人を説得することがポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2015/05/31 06:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

効果的なシンプルな方法論を活用する 

 

お客さまの心を掴むには、意外と、

 

シンプルな方法…

 

が効果的です。

 

 

たとえば、

 

試してもらう…

 

という方法。

 

 

買ってもらうのではなく、試してもらう…

 

のですから、

 

お客さまの心理的ハードル…

 

は、一気に下がります。

 

 

その上、

 

試してて良ければ、「欲しい!」という気持ち…

 

を、

 

簡単に引き出す…

 

こともできるのです。

 

 

つまり、

 

試してもらう…

 

というような、

 

シンプルな方法をもっと多用する…

 

ことも必要だということです。

 

 

効果的なシンプルな方法論を活用する…

 

シンプルだからこそ効果的な方法論を、上手に活用することも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/30 06:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

改善の余地がある以上、高みを目指す 

 

どんなに素晴らしい商品やサービスを提供…

 

しても、

 

すべてのお客さまを納得させる…

 

なんてことは、できません。

 

 

言い換えれば、

 

どんな商品やサービス…

 

であっても、

 

どんな売り方で…

 

であっても、

 

改善の余地は山ほどある…

 

ということなんです。

 

 

つまり、

 

マーケティング…

 

においては、

 

少しの成果で、納得して足を止める…

 

のではなく、

 

更なる高みを目指す…

 

ことが必要だということです。

 

 

改善の余地がある以上、高みを目指す…

 

途中で足を止めてしまえば、後から来る人に追い越されるのが世の常ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/29 06:28 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

ネットを活用して口コミの速度を速める 

 

時代の流れと共に、

 

口コミなど…

 

の拡散が、少しずつ変わってきています。

 

 

数年前までは、

 

人から人への口コミが主流…

 

だったので、

 

広まるまでにある程度の時間が必要…

 

でした。

 

 

しかし、現在では、

 

ネットでの拡散が当たり前になった…

 

ため、

 

拡散までの時間が短くなった…

 

のです。

 

 

言い換えれば、

 

短い時間で、成果を出すことも可能になった…

 

わけです。

 

 

つまり、

 

従来の人から人への口コミ…

 

を活用しつつ、

 

速度の速い、ネットでの拡散も使いこなす…

 

ことが重要だということです。

 

 

ネットを活用して口コミの速度を速める…

 

数年前にはできなかったことが、今では、誰にでもできる環境にありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/28 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

間隙を縫って活路を開く 

 

大型店の強みの1つに、

 

品揃え豊富さ…

 

があります。

 

 

豊富な品揃え…

 

があることで、

 

実物を見て選べて、その場で買える…

 

のですから、

 

同じ土俵…

 

だと、なかなか小さなお店には、勝ち目はありません。

 

 

では、ネットでは、どうでしょうか…?

 

 

ネットなら、在庫を持たずに、販売だけできる方法もある…

 

ので、

 

活路を開く…

 

ことも可能なんです。

 

 

つまり、

 

間隙を縫って、勝てる可能性のある土俵で戦う…

 

ことが必要だということです。

 

 

間隙を縫って活路を開く…

 

どういった戦略なら互角に戦うことができるのかを考えることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/27 06:41 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

気に入ってもらう度合いがポイント 

 

売り手のいうのは、

 

お客さまが商品やサービスを気に入ってくれれば、購入してくれる…

 

と考える傾向があります。

 

 

しかし、資料を調べてみると、

 

購入するには、気に入る度合いが問題…

 

という傾向が見て取れたのです

 

 

たんに気に入る…

 

のではなく、

 

「どうしても欲しい!」と思えるほど気に入る…

 

必要があるということなんです。

 

 

つまり、

 

購入してもらおう…

 

と考えるなら、

 

たんに気に入ってもらうには、どうするか…?

 

と考えるのではなく、

 

購入したいと思えるほど気に入ってもらうには、どうするか…?

 

と考えることが必要だということです。

 

 

気に入ってもらう度合いがポイント…

 

気に入ってもらうだけでなく、その先の、気に入ってもらう度合いに目を向けることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/26 06:41 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

納得できるだけの理由を示す 

 

理由もなく納得しろ…

 

と言われれば、誰だって、嫌がります。

 

 

ならば、

 

明確な理由がある…

 

と、どうなのでしょうか…?

 

 

たとえば、

 

10万円の業務ソフトを使うことで、年間100万円の経費削減になる…

 

としたら、どうでしょうか…?

 

 

これなら、

 

拒否する理由はなくなる…

 

はずです。

 

 

つまり、

 

明確な理由を示す…

 

ことが必要だということです。

 

 

納得できるだけの理由を示す…

 

納得できる理由が明確であればあるほど、お客さまも拒否する理由もなくなりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/25 06:48 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

見た目のデザインにも徹底してこだわる 

 

商品のパッケージのデザイン…

 

を変えただけで、

 

どの程度、売れ行きが変わる…

 

と思いますか…?

 

 

普通に考えれば、

 

パッケージのデザイン…

 

だけなんですから、

 

あまり変わらない…

 

ように感じます。

 

 

しかし、資料を調べてみると、

 

数倍以上、売れ行きが変わったケースも多数あった…

 

のです。

 

 

言い換えれば、

 

見た目は、それほど大事だ…

 

ということです。

 

 

つまり、

 

たかが見た目…

 

と考えるのではなく、

 

見た目にこそ、こだわりを持つ…

 

ことが必要だということです。

 

 

見た目のデザインにも徹底してこだわる…

 

パッと見た目というのは、お客さまの心をグッと掴む絶好のタイミングですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/24 06:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

マイナス評価も味方に付ける 

 

強烈に興味を持たれる商品やサービス…

 

には、幾つかの特徴があります。

 

 

その一つが、

 

お客さまによって、好き嫌いが激しく分かれる…

 

という傾向なんです。

 

 

たとえば、

 

Aさんは、大好き…

 

と言い、

 

Bさんは、大嫌い…

 

というようなケースです。

 

 

普通に考えれば、

 

傾向としては、あまりよくない…

 

ように感じます。

 

 

しかし、現実は、

 

両極端な評価があるほど、強烈に興味を持たれる…

 

という傾向が表れやすいのも事実なんです。

 

 

つまり、

 

両極端な評価を利用する…

 

という考え方も必要だということです。

 

 

マイナス評価も味方に付ける…

 

マイナス評価をいかに味方に付けるかも、戦略や戦術に大きく影響しますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/23 06:28 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どちらが効果的なのかを考える 

 

多くの会社やお店では、

 

お金のかからないシンプルな方法…

 

より、

 

たくさんお金のかかる複雑な方法…

 

を好んで使う傾向があります。

 

 

これは、

 

たくさんお金のかかる複雑な方法のほうが、多く売れる…

 

と思い込んでいるからなんです。

 

 

では、ほんとうに、そうなんでしょうか…?

 

 

実は、資料を調べてみても、

 

そういった傾向を見つけることは、できなかった…

 

のです。

 

 

つまり、

 

シンプルか複雑か…

 

で考えるのではなく、

 

実際に、自社自店では、どちらが効果的か…

 

で考えることが、重要だということです。

 

 

どちらが効果的なのかを考える…

 

複雑だからとか、お金をかけているからという理屈では、お客さまの心を掴むことはできませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/05/22 06:00 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。