FC2ブログ







読ませるために、真剣に考える 

 

ネットの活用をしている会社やお店…

 

では、

 

定期的なメールでのフォロー

 

や、

 

メルマガなどの発行…

 

をしているところも少なくありません。

 

 

では、

 

こういったメールが絵文字だらけ…

 

だったり、

 

大量のリンクばかり…

 

だったら、受け取ったとき何を感じるでしょうか…?

 

 

資料では、

 

ほとんどの人が、読む気さえしない…

 

と答えていたのです。

 

 

つまり、

 

せっかく出すなら、真剣に読まれる工夫をする…

 

ことが必要だということです。

 

 

読ませるために、真剣に考える…

 

みんながこんなメールをしているからではなく、どうすれば読まれるかが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2015/04/17 06:38 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)