FC2ブログ







新しい市場を作るという感覚を持つ 

 

携帯電話…

 

は、以前から売られていました。

 

 

では、新興勢力は、

 

携帯電話の市場を席巻する…

 

なんてことは、できないのでしょうか…?

 

 

以前と同じ考え方…

 

では無理かもしれません。

 

 

しかし、アップルが行ったように、

 

携帯電話をまったく違うものとして作り替える…

 

ことができれば、

 

市場を席巻することだってできる…

 

のです。

 

 

つまり、

 

新しい感覚で、新しい市場を作る…

 

という考え方が必要だということです。

 

 

新しい市場を作るという感覚を持つ…

 

今までと同じ市場で、小さなシェア考えるのではなく、まったく新しい市場で、席巻することを考えることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/20 06:07 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

両極端なレイアウトも試してみる 

 

レイアウトでは、

 

ごちゃごちゃさせる…

 

すっきりさせる…

 

この両極端と思える方法に、意外とお客さまは興味を示します。

 

 

では、

 

この中間…

 

は、どうなのでしょうか…?

 

 

なぜか、

 

中途半端だと、興味を示さない…

 

のです。

 

 

つまり、

 

売る…

 

という意味では、

 

極端なレイアウトをする勇気…

 

も、必要だということです。

 

 

両極端なレイアウトも試してみる…

 

中途半端で終わるのではなく、こういった方法論を試す勇気も必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/19 06:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの利益に繋がるアドバイスをする 

 

お客さまは、できるなら、

 

セールスマン(売り込みをしてくる人)…

 

と、

 

付き合いたいとは思っていない…

 

のです。

 

 

では、どんな人と付き合いたいのか…?

 

 

適切なアドバイス…

 

をしてくれる人なんです。

 

 

つまり、

 

お客さまとの距離を縮める…

 

には、

 

売り込む人になる…

 

のでなく、

 

お客さまの利益に繋がる適切なアドバイスができる人になる…

 

ことが、必要だということです。

 

 

お客さまの利益に繋がるアドバイスをする…

 

売り込みをすればするほど、お客さまはガードを堅くし、離れて行ってしまいますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/18 06:05 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

読ませるために、真剣に考える 

 

ネットの活用をしている会社やお店…

 

では、

 

定期的なメールでのフォロー

 

や、

 

メルマガなどの発行…

 

をしているところも少なくありません。

 

 

では、

 

こういったメールが絵文字だらけ…

 

だったり、

 

大量のリンクばかり…

 

だったら、受け取ったとき何を感じるでしょうか…?

 

 

資料では、

 

ほとんどの人が、読む気さえしない…

 

と答えていたのです。

 

 

つまり、

 

せっかく出すなら、真剣に読まれる工夫をする…

 

ことが必要だということです。

 

 

読ませるために、真剣に考える…

 

みんながこんなメールをしているからではなく、どうすれば読まれるかが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/17 06:38 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

小さくても、大きく感じる 

 

小さなマイナス…

 

なら、

 

お客さまは気にしないはず…

 

と考えてしまいがちです。

 

 

では、

 

1パーセントの確率で、不良品に当たります…

 

と言われたらどうでしょうか…?

 

 

たとえ、1パーセントであったとしても、

 

なにそれ…?

 

と思うはずです。

 

 

つまり、

 

小さなマイナス…

 

であっても、

 

お客さまは、大きく受け止める…

 

という点を理解して、対策を立てておくことが必要だということです。

 

 

小さくても、大きく感じる…

 

一見すると矛盾したことですが、現実には、矛盾を矛盾と感じないことの方が多いので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/16 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

試してみるだけで終わらせない 

 

マーケティングには、

 

幾つかの重要なこと…

 

があります。

 

 

その中の1つが、

 

成果を出さなければ、競争相手に勝てない…

 

という点なんです。

 

 

言い換えれば、

 

試してみるだけで終わらしてはダメ…

 

だと言うことなんです。

 

 

つまり、

 

マーケティングをするとき…

 

は、

 

成果が出るまで改善、改革をする、前向きな姿勢…

 

これが重要だということです。

 

 

試してみるだけで終わらせない…

 

試してみるだけで終わらせてしまえば、いつまで経っても成果など期待できませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/15 06:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

適切な答えと親近感がポイント 

 

お店のスタッフさんに、

 

何か尋ねる…

 

とき、

 

お客さまは、何を求めている…

 

のでしょうか…?

 

 

資料を調べてみると、

 

適切な答えと親近感を求めている…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

簡単に言えば、

 

専門的なアドバイスや、質問に対する適切な答えを、親近感を持って答えてくれる…

 

ことを求めているということです。

 

 

つまり、

 

お客さまに納得してもらう…

 

ためには、

 

親近感を持って、プロフェッショナルな答えをする…

 

ことが、重要だということです。

 

 

適切な答えと親近感がポイント…

 

片方だけではなく、この2つが両方揃うことではじめて、お客さまの心を掴むことができますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/14 06:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

プラスアルファの価値も付ける 

 

安くしている…

 

というのと、

 

どこよりも安い…

 

というのは、

 

お客さまにとっては、似て非なるもの…

 

なんです。

 

 

言い換えれば、

 

安くしている…

 

からといっても、

 

他よりも高ければ買わない…

 

なんてこともあるわけです。

 

 

つまり、

 

どこよりも安くできない…

 

のであれば、

 

安くしたから買ってくれる…

 

と、

 

勝手に思い込む…

 

のではなく、

 

プラスアルファの価値も付けるように考える…

 

ことが必要だということです。

 

 

プラスアルファの価値も付ける…

 

どこよりも安いのであれば、お客さまの気持ちも動きますが、そうでなければ、なかなか気持ちは動きませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/13 06:03 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

強烈に引き付けるものを見つけ育てる 

 

1時間待ってでも、食べたい…

 

2時間待ってでも、買いたい…

 

こうお客さまが思うときとは、どんな時なのでしょうか…?

 

 

みなさんは、どう思いますか…?

 

 

実は、この質問をしたとき、

 

多くの会社やお店の人は、他人事のように考える…

 

傾向があるのです。

 

 

ようするに、

 

自社自店には、関係のないこと…

 

と思い込んでいるのです。

 

 

本当なのでしょうか…?

 

 

つまり、

 

自社自店でも、強烈にお客さまを引き付けられるもの見つけ、育てる…

 

ことが必要だということです。

 

 

強烈に引き付けるものを見つけ育てる…

 

どんな会社であれ、お店であれ、必ず、独自と呼べる利点はあるはずですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/12 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

常にお客さまを意識する 

 

いつお客さまがいらしても良いようにしておく…

 

これは、ごく当たり前のことです。

 

 

では、売り手の多くは、

 

本当に、これができている…

 

のでしょうか…?

 

 

資料を調べてみると、

 

意外にもできていない…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

お客さまは、売り手の思い通りに動いてくれるわけではありません。

 

 

言い換えれば、

 

常に、最高の環境で、常に最高のサービスを提供する…

 

ことが、売り手に求められているのです。

 

 

常にお客さまを意識する…

 

ちょっとした油断が、大切なお客さまを逃がすことに繋がることもありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/04/11 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)