スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

問題が起きる前に関心を持つ 

 

マーケティングの問題を解決しよう…

 

と思うことは、とても素晴らしいことです。

 

 

ただ、これは、

 

問題が起こるまで放置する…

 

という、ことではないのです。

 

 

視点を変えて言えば、

 

問題が起こる前…

 

であっても、

 

問題になるであろうことに対して、もっと関心を持つ…

 

ことなんです。

 

 

つまり、

 

問題が起きるのではないか…?

 

という点について、

 

もっと関心を持つ…

 

ことが必要だということです。

 

 

問題が起きる前に関心を持つ…

 

問題を解決するには、問題が起きる前から、もっともっと関心を持つことが必要ですので、みんさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2015/03/31 06:16 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

1回だけで完結できると思わない 

 

ブログを書くと集客できる…

 

ホームページを作れば、お客さまを呼べる…

 

広告すれば、お客さまを集められる…

 

 

こういったことは、たしかに、間違いではありません。

 

 

ただ、問題は、

 

継続しなければ、効果はない…

 

のです。

 

 

1回広告を打った…

 

からと言って、

 

永遠にお客さまがきてくれる…

 

わけではないと言うことでです。

 

 

1回だけで完結できると思わない…

 

どんな方法であれ、「1回だけやれば、それでうまくいく」というものではありませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/30 06:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

主観でなく、客観で考える 

 

多くの会社やお店では、

 

マーケティング…

 

を、

 

主観…

 

で考えようとします。

 

 

しかし、

 

成果を上げる…

 

ためには、

 

客観…

 

で考えることが必要なんです。

 

 

つまり、

 

お客さまの反応を知る…

 

ためには、

 

客観視する…

 

ことが必要だということです。

 

 

主観ではなく、客観で考える…

 

自分たちがどう思うかに固執していたのでは、成果は出ませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/29 06:02 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

注意を引くだけで終わらないこと 

 

お客さまの注意を引く…

 

のは、大切なことです。

 

 

ただ、

 

注意を引くだけ…

 

では、

 

商品やサービスは売れない…

 

のも、また事実なんです。

 

 

つまり、

 

注意を引くことだけ…

 

でなく、

 

注意を引いた後のことも、考えておく…

 

ことが必要だということです。

 

 

注意を引くだけで終わらないこと…

 

注意さえ引けばいいという、安易な考え方に陥らないようにすることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/28 06:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

利便性だけでなく、目新しさも考慮する 

 

同じところに同じ商品を置いておく…

 

たしかに、これも、

 

お客さまにとっては便利なこと…

 

かもしれません。

 

 

ただ、お客さまは、

 

目新しさを感じることができない…

 

のも事実なんです。

 

 

つまり、

 

利便性…

 

だけでなく、

 

目新しさを演出する工夫…

 

も必要だということです。

 

 

利便性だけでなく、目新しさも考慮する…

 

利便性だけを考えていると、目新しさという面が疎かになってしまうことがありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/27 06:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまがどう思うかを考える 

 

売り手の多くは、

 

自分の考えを中心に考える…

 

傾向があります。

 

 

自分の考えで、

 

お客さまを集めることが可能だ…

 

と思い込んでいるわけです。

 

 

しかし、現実に多くのお客さまを集めるには、

 

自分がどう思うか…?

 

ではなく、

 

多くのお客さまが、どう思うか…?

 

を考えることが必要なんです。

 

 

つまり、

 

多くのお客さまの考えを集約した考え…

 

をすることが重要だということです。

 

 

お客さまがどう思うかを考える…

 

自分がどう思うかを考えてしまいがちですが、問題は、お客さまがどう思うかですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/26 06:16 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

シンプルに買える仕組みを作る 

 

商品やサービスを購入する…

 

とき、

 

購入するまでに手間が掛かる…

 

と、みなさんなら、何を感じるでしょうか…?

 

 

たぶん、

 

もう少しシンプルにならないのか…?

 

とか、

 

もっと簡単に買えないのか…?

 

と思うはずです。

 

 

ポイントは、ここなんです。

 

 

資料を調べてみると、

 

実店舗であれ、ネットショップであれ、簡単に買える…

 

ことが、

 

売上げアップに繋がっている…

 

のです。

 

 

つまり、

 

商品やサービスを簡単に買える仕組みにする…

 

ことが重要だということです。

 

 

シンプルに買える仕組みを作る…

 

基本的なことですが、いかに簡単に買えるかが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/25 06:11 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

均質化するという考え方も参考にする 

 

売り方の仕組みを作る…

 

サービスのマニュアルを作る…

 

などなど、

 

こういった方法は、

 

ある意味、とても効果的…

 

です。

 

 

なぜなら、

 

すべてを均質化できる…

 

からです。

 

 

言い換えれば、

 

「質」を下げないための対策…

 

として、

 

こういった方法論も有り…

 

だということです。

 

 

均質化するという考え方も参考にする…

 

均質化すると、たしかに味気ない感じはしますが、一定の「質」を保てることもことも事実ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/24 06:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どこまでいっても、基本が重要 

 

100個売る…

 

のと、

 

101個売る…

 

のは、同じように感じます。

 

 

では、

 

0個…

 

と、

 

1個…

 

では、どうでしょうか…?

 

 

ここが重要なんです。

 

 

量が増える…

 

と、

 

どうしても基本が疎かになりがち…

 

になります。

 

 

しかし、

 

基本は、この1個の差が重要…

 

なんです。

 

 

つまり、

 

基本を、忘れない…

 

この気持ちが重要だということです。

 

 

どこまでいっても、基本が重要…

 

基本を忘れてしまうと、どんなにうまくいってるように見えても、いずれ問題が起きますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/23 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

苦情を集めてヒントを得る 

 

苦情…

 

というのは、

 

日常茶飯事…

 

と言っても過言ではありません。

 

 

実は、これ、とても重要なヒントなんです。

 

 

どういうことか…?

 

 

日常茶飯事…

 

ということは、

 

それほど、集めやすい…

 

ものだからなんです。

 

 

言い換えれば、

 

商売繁盛のヒント…

 

は、

 

いくらでも拾い集めることができる…

 

ということなんです。

 

 

つまり、

 

苦情を集めて、ヒントとして活かす…

 

ことが必要だということです。

 

 

苦情を集めてヒントを得る…

 

お客さまからの苦情というのは、ある意味、とても重要なヒントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2015/03/22 06:30 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。