FC2ブログ







こだわりを持つなら、徹底する 

 

こだわりのあるビジネス…

 

こだわりのあるサービス…

 

こだわりのある商品…

 

多くの人が、これができていると思っています。

 

 

事実、データでも、

 

自己評価では、できている…

 

と答える人が、とても多い傾向にあります。

 

 

しかし、実際には、

 

徹底的にこだわっている会社やお店…

 

は、

 

ごく一部…

 

だという傾向なんです。

 

 

そして、もう1つ。

 

 

強いこだわりを持っている会社やお店…

 

ほど、

 

お客さまを引き付ける魅力がある…

 

という傾向もあるのです。

 

 

つまり、

 

中途半端にこだわる…

 

のではなく、

 

こだわるのなら徹底的にこだわる…

 

ことも重要だということです。

 

 

こだわりを持つなら、徹底する…

 

徹底するからこそ、お客さまも強い魅力を感じてくれますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/21 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

実際に自分の足で稼いで確かめる 

 

足で稼ぐ…

 

情報化社会の現代、こういった考えも少なくなりつつあります。

 

 

では、

 

足で稼ぐマーケティングリサーチ…

 

は、有効ではないのでしょうか…?

 

 

実は、意外かもしれませんが、

 

とても有効な方法…

 

なんです。

 

 

事実、

 

自分の足で稼いだデータ…

 

は、

 

巷に溢れかえっている情報より、鮮度も信頼度も高い…

 

という傾向もあるのです。

 

 

実際に自分の足で稼いで確かめる…

 

実際に現場に行かなければ分からないことは山ほどありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/20 06:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

本当の答えを見つけるために考える 

 

マーケティングで失敗する原因の1つに、

 

答えありきで考えるから…

 

という点があります。

 

 

たとえば、

 

DMを出すと、何パーセント反応があるはずだ…

 

と最初から考えてしまうのです。

 

 

すると、

 

もし反応が悪ければ、DMの良し悪しより、反応の良し悪しに目が行ってしまう…

 

わけです。

 

 

言い換えれば、

 

DMの改善より、反応しないお客さまの問題にすり替えてしまう…

 

ということです。

 

 

これでは、何回やってもお客さまの反応は上がりません。

 

 

つまり、

 

答えありきで考える…

 

のではなく、

 

答えを見つけるために考える…

 

ことが必要だということです。

 

 

本当の答えを見つけるために考える…

 

答えありきで考えると、答えを導くために無理矢理原因を作ってしまうことにもなりかねませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/19 06:29 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

対比するときは、利点だけを強調する 

 

他社の商品と対比する…

 

ことで、

 

優位性をアピールする…

 

のも、1つのテクニックです。

 

 

ただ、問題なのは、

 

優位性をアピールする…

 

とき、

 

他社の商品をけなす…

 

と、

 

お客さまは耳を傾けてくれなくなる…

 

傾向が強まるのです。

 

 

つまり、

 

耳を傾けてもらう…

 

ためには、

 

他社の商品をけなす…

 

のではなく、

 

自社の商品の利点だけを強調する…

 

ことが重要だということです。

 

 

対比するときは、利点だけを強調する…

 

他社の商品をけなすことは、ネガティブなイメージをお客さまに与えてしまい、受け入れられにくくなってしまいますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/18 06:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

関連の薄い業界に目を向ける 

 

まったく畑違いの業界…

 

ここにヒントを求める人は、意外といません。

 

 

では、

 

畑違いの業界…

 

には、なんらヒントはないのでしょうか…?

 

 

さまざまな資料を見てみると、興味深い傾向が見て取れました。

 

 

それは、

 

まったく関連のない業界からヒントを得た成功事例が、山ほどあった…

 

という現実なんです。

 

 

言い換えれば、

 

畑違いの業界…

 

だからこそ、

 

成功に繋がるヒントが隠されている…

 

ということです。

 

 

関連の薄い業界に目を向ける…

 

同じ業界からしか得られないものもありますが、違う業界でしか得られないものもありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/17 06:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

商品の量や種類は、バランスが大事 

 

商品の種類は多い方がいい…

 

というように感じます。

 

 

たしかに、

 

レイアウトされている商品が少なすぎる…

 

と、購買欲は湧きにくくなります。

 

 

では、

 

おお過ぎて迷ってしまう…

 

とどうなるのでしょうか…?

 

 

実つは、データでは、

 

こういった場合も買い控えが起こる傾向が表れていた…

 

のです。

 

 

つまり、

 

おお過ぎず、少なすぎず…

 

の、

 

バランスが大事…

 

だということです。

 

 

商品の量や種類は、バランスが大事…

 

なんでもかんでも多ければ良いというものではありませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/16 06:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

商品との距離を縮めるようにする 

 

関与する度合い…

 

が高いほど、

 

商品を意識しやすい…

 

という傾向があります。

 

 

たとえば、

 

鉛筆を普段使う人…

 

は、

 

鉛筆を意識しやすい…

 

ということです。

 

 

言い換えれば、

 

実際に試して感じてもらう…

 

ことは、

 

商品を意識してもらう効果的な方法の1つ…

 

だということです。

 

 

商品との距離を縮めるようにする…

 

距離が縮まることで、意識する確立は格段に高くなりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/15 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

市場はどちらに向かっているのか…? 

 

市場が向かっている方向…

 

これから外れてしまうと、

 

思うように売る…

 

ことは、なかなかできません。

 

 

強いて言えば、

 

市場が買いたくない…

 

と判断したものを、

 

お客さまに売るのは、とても難しい…

 

ということです。

 

 

つまり、

 

市場が向かっている方向はどっちか…?

 

をシッカリ見極めることも重要だということです。

 

 

市場はどちらに向かっているのか…?

 

売るためにテクニックも大切ですが、市場の行く先予測する判断力も大切ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/14 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

ちょっと変えて新鮮さを演出する 

 

お客さまというのは、

 

ちょっとした違いになんて気付かないはず…

 

と、売り手は思っている傾向があります。

 

 

そのため、

 

ちょっとした違いなら、してもしなくても一緒…

 

と考えてしまいがちなんです。

 

 

たとえば、売り場のレイアウトなんかでも、

 

変えても変えなくても一緒…

 

となってしまうわけです。

 

 

では、ほんとうにそうなんでしょうか…?

 

 

実は、意外にも、データでは、

 

ちょっとした違いであっても気付いている…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

言い換えれば、

 

お客さまの気持ちを引くためには、ちょっとした違いを上手に使う…

 

ことも必要だということです。

 

 

ちょっと変えて新鮮さを演出する…

 

ほんの少し変えるだけでも、お客さまの受ける印象は違いますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/13 06:45 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

聞くというコミュニケーション 

 

お客さまとコミュニケーションをとる…

 

このためには、なんらかの話しをしなければなりません。

 

 

しかし、

 

売り手全員が話し上手…

 

というわけではありません。

 

 

話し下手な人もいるわけです。

 

 

ならば、話し下手な人は、どうすればいいのでしょうか…?

 

 

お客さまの質問には答える…

 

そして、それ以外は、

 

ほとんどを聞くことに徹する…

 

ようにすればいいのです。

 

 

これなら、話し下手でも、なんとかなるはずです。

 

 

つまり、

 

話し下手なら、話し下手を活かす方法を考える…

 

ことが重要だということです。

 

 

聞くというコミュニケーション…

 

話すことだけがコミュニケーションではありませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/12/12 06:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)