スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

売るものがないと考えてみる 

 

売るものがある…

 

から、

 

売れるもの…

 

と、

 

売れないもの…

 

に分かれるわけです。

 

 

ならば、

 

売るものがない…

 

と、考えるとどうでしょうか…?

 

 

これなら、

 

売れるもの、売れないもの…

 

でなく、

 

売り方、そのものに目を向ける…

 

ようになります。

 

 

つまり、

 

売り方に目を向ける…

 

には、

 

発想を転換する必要がある…

 

ということです。

 

 

売るものがないと考えてみる…

 

売るものにではなく、売り方そのものに創意工夫を凝らすことも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2014/10/31 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

欠点を伝え、利点を際立たせる 

 

欠点をあえて伝える…

 

これも、お客さまの気持ちを引き付ける方法の1つです。

 

 

たとえば、お菓子。

 

 

通常の半額でお買い得です、ただし、形が不揃いの訳あり品です…

 

というような伝え方をするわけです。

 

 

こんな利点があります、ただ、こういった欠点もあります…

 

とすることで、

 

お客さまは、なぜ価格が安いのか…?

 

が理解でき、それにより、

 

安さをより実感して、安心して購入する…

 

ことができるわけです。

 

 

欠点を伝え、利点を際立たせる…

 

こういった、ちょっとしたテクニックを上手に使うことで、お客さまの心を掴むことも可能になりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/30 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

戦うだけでが戦略ではない 

 

他社と戦う…

 

これも、戦略の一つです。

 

 

ただ、

 

他社と戦う…

 

のが、いつも得策だとは限りません。

 

 

勝てば良いですが、

 

負ければ、それなりの被害を被る…

 

からです。

 

 

つまり、

 

戦わずに、自社独自の戦略や戦術に注力する…

 

ことも、必要だということです。

 

 

戦うだけでが戦略ではない…

 

戦うことが必要なときもありますが、それがすべてではありませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/29 06:10 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

先入観を持たずに売り方を考える 

 

1個、商品を売る…

 

のと、

 

10個、同じ商品を売る…

 

のとでは、どちらが大変だと思いますか…?

 

 

普通に考えれば、

 

10個、同じ商品を売る…

 

方が、大変に感じます。

 

 

しかし、現実には、

 

どちらも同じようなもの…

 

なんです。

 

 

1個、商品を売る…

 

方が、大変なときもあれば、

 

10個、同じ商品を売る…

 

方が、楽なときだって、

 

売り方によってはある…

 

からなんです。

 

 

つまり、

 

○○だから大変だ…

 

という先入観を持たずに、

 

売り方を考える…

 

ことが重要だということです。

 

 

先入観を持たずに売り方を考える…

 

先入観を持ってしまうと、良いアイデアも出てきませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

  

1個、商品を売る…

 

のと、

 

10個、同じ商品を売る…

 

のとでは、どちらが大変だと思いますか…?

 

 

普通に考えれば、

 

10個、同じ商品を売る…

 

方が、大変に感じます。

 

 

しかし、現実には、

 

どちらも同じようなもの…

 

なんです。

 

 

1個、商品を売る…

 

方が、大変なときもあれば、

 

10個、同じ商品を売る…

 

方が、楽なときだって、

 

売り方によってはある…

 

からなんです。

 

 

つまり、

 

○○だから大変だ…

 

という先入観を持たずに、

 

売り方を考える…

 

ことが重要だということです。

 

 

先入観を持たずに売り方を考える…

 

先入観を持ってしまうと、良いアイデアも出てきませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/28 06:08 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

考えるだけでなく、実行に移す 

 

いろいろと考えても、実行に移さない…

 

これで、売上げが上がるでしょうか…?

 

 

たぶん、無理です。

 

 

しかし、データでは、

 

意外かもしれませんが、こういった会社やお店が、とても多く…

 

そして、

 

そういった会社やお店の多くが、かんばしくない状況になっている…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

もし、これを別の視点で見ると、どうなるでしょうか…?

 

 

やっていれば、売上げも上がっていたかもしれない…

 

と、言えるわけなんです。

 

 

考えるだけでなく、実行に移す…

 

どんな立派な戦略や戦術であったとしても、実行に移さなければ成果は期待できませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/27 06:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

誰が言ったかにポイントを置く 

 

人の感情というのは、とても不思議なものです。

 

 

たとえば、

 

学生のAさん…

 

が、

 

この商品は素晴らしい…

 

と言っても、

 

あまり欲しい…

 

とは思いません。

 

 

では、

 

みなさんが尊敬する、とてもすごい人…

 

が、

 

この商品は素晴らしい…

 

と言ったら、どうでしょうか…?

 

 

こうなると、ちょっと興味が湧いてくるはずです。

 

 

ようするに、

 

何を言ったか…

 

より、

 

誰が言ったか…

 

を優先させているわけです。

 

 

これは、どういうことか…?

 

 

つまり、

 

同じことを伝える…

 

にしても、

 

この方程式に当てはめること…

 

が、重要だということです。

 

 

誰が言ったかにポイントを置く…

 

何を言ったかより、誰が言ったかに重きを置くことが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/26 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

身近なものの中にヒントが隠れている 

 

見たことも、聞いたこともないもの…

 

をいきなり創造できる人は、ほとんどいません。

 

 

こういった人は、後世に名を残すような、優れた傑物と言わざるを得ません。

 

 

言い換えれば、

 

今ある、売るためのアイデア…

 

というのもは、

 

見たことがある、聞いたことがある…

 

というものの中から生まれていると言っても過言ではないのです。

 

 

つまり、

 

身近なもの…

 

を見直し、

 

ヒントを見つける…

 

ことが、

 

大きなチャンスを作る…

 

ことになるということです。

 

 

身近なものの中にヒントが隠れている…

 

無から有を作るのは難しくても、今あるものに手を加えることは、努力次第でできますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/25 06:45 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

小さな変化で目新しさを演出する 

 

記憶というのは、実に曖昧です。

 

 

これは、お客さまにも当てはまるのです。

 

 

たとえば、

 

位置を少しずらす…

 

だけで、

 

目新しい商品…

 

のように感じてしまうものなのです。

 

 

言い換えれば、

 

大きな変化…

 

でなくても、

 

工夫次第…

 

で、

 

お客さまに目新しさを感じてもらうこともできる…

 

ということです。

 

 

小さな変化で目新しさを演出する…

 

こういったちょっとした工夫が、お客さまを引き付けることに繋がりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/24 06:36 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

特別なお客さまだと、暗に伝える 

 

人は、

 

特別扱い…

 

されると、嬉しくなるものです。

 

 

これは、お客さまも同じです。

 

 

たとえば、買い物に行って、

 

○○さまだから、特別にサービスします…

 

と言われると、どうでしょうか…?

 

 

それが、

 

ちょっとした値引き…

 

や、

 

ちょっとしたプレゼント…

 

であっても、心に響くのではないでしょうか。

 

 

つまり、

 

特別扱いする…

 

のも、お客さまの心を掴む重要なテクニックの1つだということです。

 

 

特別なお客さまだと、暗に伝える…

 

こういったちょっとしたことが、お客さまの気持ちを動かしますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/23 06:53 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

要望に応えるためにもネットを活用する 

 

必要なもの…

 

を、

 

必要なとき…

 

に、

 

手に入れたい…

 

これは、多くのお客さまが思うことです。

 

 

では、どうすれば、これを実現できるのでしょうか…?

 

 

実は、この答えのヒントが、

 

ネット…

 

の中に隠されているのです。

 

 

24時間年中無休…

 

実店舗では、なかなかできないことも、ネットでは比較的簡単にできてしまうのです。

 

 

要望に応えるためにもネットを活用する…

 

ネットは、お客さまの要望に応えるための1つの重要なツールですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/10/22 06:05 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。