FC2ブログ







急がなければならない理由を作る 

 

お客さまは、

 

急いで何かをしなければならない…

 

と思うと、

 

判断力が鈍くなり、購入しやすくなる…

 

傾向にあります。

 

 

言い換えれば、

 

売り手が、お客さまに、急ぐ理由を作ってあげる…

 

と、

 

この心理状態を作り出せる…

 

ということなんです。

 

 

つまり、ここを突けば、

 

買いやすい状態に誘導することも可能…

 

だということです。

 

 

急がなければならない理由を作る…

 

購入してもらいやすい心理状態を作り出すことも、売り手にとっての重要なテクニックですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/21 06:35 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

好感を持たれるバランスにする 

 

見た目のバランス…

 

これが悪いと、ものすごく違和感を感じます。

 

 

すると、どうなるか…?

 

 

こういったものに、

 

好感を持つ…

 

ことは、少なくなるのです。

 

 

これは、

 

商品のディスプレイ…

 

ネットでのレイアウト…

 

などの見せ方でも一緒です。

 

 

つまり、

 

見た目のバランスを整える…

 

ことも、重要だということです。

 

 

好感を持たれるバランスにする…

 

お客さまは、ちょっとした違和感も敏感に感じ取りますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/20 06:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

実際に街に出で、その目で観察する 

 

商品やサービスが売れない…

 

のは、なぜか…?

 

 

これには、さまざまな理由があります。

 

 

その中の1つが、

 

売り手の多くが、想像の世界でビジネスをしている…

 

という問題です。

 

 

どういうことか…?

 

 

実際の街を直に観察する…

 

ことなく、

 

「お客さまは、こう思うだろう…」

 

と想像して、ビジネスをしているのです。

 

 

はたして、これで、

 

ほんとうのお客さまの気持ち、行動…

 

を理解した、対策が打てるのでしょうか…?

 

 

実際に街に出で、その目で観察する…

 

現場に飛び出さなければ真実は見えてきませんので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/19 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

果敢に挑戦しつつ、冷静に対処する 

 

マーケティングで失敗するケースを見てみると、

 

さまざまな傾向…

 

が見えてきます。

 

 

その中の1つが、

 

次のことを考え過ぎて失敗する…

 

というケースと、

 

次のことを考えなさ過ぎて失敗する…

 

という両極端なケースです。

 

 

実は、これ、以外に重要なポイントなんです。

 

 

つまり、

 

後先考え過ぎる…

 

のも良くないし、

 

後先考えなさ過ぎる…

 

のも良くないので、

 

バランスをとる…

 

ことが重要だということです。

 

 

果敢に挑戦しつつ、冷静に対処する…

 

このバランスを失うと、失敗の憂き目を見ますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/18 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売れるための条件をクリアする 

 

商品の物語を作る…

 

こうすれば売れるようになると言われます。

 

 

では、

 

物語があれば、売れる…

 

のでしょうか…?

 

 

実は、そうではありません。

 

 

これは、たんなる、

 

売れるようになるであろう、条件の1つ…

 

でしか、ないんです。

 

 

つまり、

 

売る…

 

ためには、

 

一つ一つの条件を地道にクリアしていく…

 

ここが重要だということです。

 

 

売れるための条件をクリアする…

 

一つでも多く、条件をクリアすることが、売れることへの近道ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/17 06:07 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

明日への対策を怠らない 

 

今日売れたら、

 

明日も売れるか…?

 

というと、そうではありません。

 

 

明日は、分からないのです。

 

 

しかし、現実の現場では、

 

分からない明日になんの対策も打ってない…

 

のが実情です。

 

 

はたして、これで、

 

売り続けること…

 

ができるのでしょうか…?

 

 

ようするに、

 

今日が良くても、明日への対策を怠らない…

 

ことが、

 

売り続ける…

 

ためには、必要だということです。

 

 

明日への対策を怠らない…

 

良いとき、悪いときを問わず、明日への対策をとっておくことが重要なポイントなんです。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/16 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

自分たちにあった方法論を探す 

 

コーヒーショップがコーヒーだけを売っていちゃダメ…

 

酒屋さんがお酒だけを売っていちゃダメ…

 

こんな枝葉を増やす思考法も、たしかに、間違いではありません。

 

 

ただ、その結果、

 

多くの会社やお店が、経営に迷っている…

 

という事実も、見逃せないことなんです。

 

 

つまり、

 

専業を追求する発想…

 

であれ、

 

枝葉を広げる発想…

 

であれ、

 

どちらが良いとか悪い…

 

というものではないということです。

 

 

自分たちにあった方法論を探す…

 

大切なのは、この分部分ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/15 06:01 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

儲けるために反応をあげる 

 

宣伝、広告をすれば、反応は上がる…

 

たしかに、これは、ある意味事実です。

 

 

たとえば、ネットへの広告。

 

 

継続して、ある程度の金額を投資…

 

すれば、反応がアップ傾向にはあります。

 

 

では、

 

反応がアップしたら、儲かるのか…?

 

というと、これは、ちょっと違うのです。

 

 

反応がアップしても、損してるケースが意外に多いのです。

 

 

つまり、

 

広告や宣伝…

 

をするときは、

 

反応のアップ…

 

だけでなく、

 

儲けるという点も考慮に入れた戦略や戦術…

 

が必要だということです。

 

 

儲けるために反応をあげる…

 

骨折り損のくたびれもうけにならないようにすることも重要なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/14 06:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

流行ってるから欲しくなる 

 

お客さまは、いつも欲しいものを買っているわけではありません。

 

 

それどころか、

 

欲しくないものまで買っている…

 

という傾向もあるのです。

 

 

なぜか…?

 

 

データでは、この理由として、

 

流行っているものを買ってしまうから…

 

という傾向が表れていたのです。

 

 

これは、どういうことか…?

 

 

つまり、

 

欲しいから買ってみよう…

 

と思ってもらうだけでなく、

 

みんなが買っているから買ってみよう…

 

と思わせることも、効果的だということです。

 

 

流行ってるから欲しくなる…

 

単純な理由ですが、とても強力な理由でもありますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/13 06:56 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

世の中に認めてもらうには…? 

 

素敵な香りのする柔軟剤。

 

今では、洗濯の時には欠かせません。

 

 

では、数十年前に、こういった発想はあったのでしょうか…?

 

 

たぶん、誰かが考えていたはずです。

 

 

ただ、

 

世に認められなかった…

 

のだと思います。

 

 

言い換えれば、

 

どんなに素晴らしいアイデア…

 

であっても、

 

世に認められる工夫…

 

がなければ、

 

お客さまに受け入れられない…

 

ということなんです。

 

 

世の中に認めてもらうには…?

 

アイデアを押しつけるのではなく、認めてもらうという思考が重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2014/07/12 06:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)