FC2ブログ







欲しいという感情に訴えかける 

 

欲しいもの…

 

と、

 

必要なもの…

 

みなさんなら、どちらに目が向くでしょうか…?

 

 

必要なもの…

 

と、

 

欲しいもの…

 

が一致して、そこに目が向けばこれほど良いことはありません。

 

 

しかし、現実には、

 

必要でなくても、欲しいもの…

 

に、目が向いてしまうのです。

 

 

買ってみて、やっぱり必要なかった…

 

と思ったことは、みなさんも、一度や二度ではないはずです。

 

 

欲しいという感情に訴えかける…

 

お客さまの行動を促すためには、この感情に訴えかけることが重要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/21 06:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

一歩踏み込んで考えてみる 

 

お客さまは、何を求めているのか…?

 

ここまで考えると、たしかに、お客さまの気持ちに一歩近づきます。

 

 

ただ、これでは、

 

お客さまの心の内…

 

に入ったことになりません。

 

 

なぜ、お客さまは、それを求めているのか…?

 

ここまで考えてはじめて、

 

心の内…

 

が見えてくるのです。

 

 

一歩踏み込んで考えてみる…

 

お客さまになったつもりで仮説をたてることも大切なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/20 06:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

なぜ評価されたのかを考える 

 

お客さまの評価が高いものには、

 

質が高く、それが妥当…

 

というものもあります。

 

 

しかし、多くのケースでは、

 

みんなが評価してるから…

 

とか、

 

自分も買ったから、それを正当化するため…

 

といった、妥当ではないケースもあるのです。

 

 

これを別の視点で見ると、どうなるか…?

 

 

マーケティングの勝利…

 

と言っても、言い過ぎではないということなんです。

 

 

なぜ評価されたのかを考える…

 

ここを理解することで、さまざまな真実が見えてきますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/19 06:10 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの好みに合わせる 

 

お客さまの好みに合わせる…

 

というのは、数種類では、魅力に欠けます。

 

 

なので、これでは、お客さまも、

 

「自分好み…!」

 

とは言ってくれません。

 

 

言い換えれば、購入には繋がらないと言うことです。

 

 

あのコーヒーショップのスタバでの注文方法は、

 

理論上でいえば数万通り…

 

です。

 

 

つまり、お客さまに、

 

「自分好み…!」

 

と言ってもらい、購入にしてもらうためには、

 

ほんとうに好みに合うように種類を増やす…

 

ことも必要なんです。

 

 

お客さまの好みに合わせる…

 

ここを追求することも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/18 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

性別を意識させない戦略へ 

 

男性は、こうあるもの…

女性は、こうあるもの…

 

といった概念は、年々薄れています。

 

 

これは、何を意味するのか…?

 

 

みなさんも、すぐに気付いたはずです。

 

 

女性向けのもの…

男性向けのもの…

 

という概念を取り払った、戦略も必要だということなんです。

 

 

たしかに、

 

完全に意識しない…

 

とまでは、いかないかもしれません。

 

 

しかし、

 

さまざまな商品やサービス…

 

で、

 

意識させない提供方法…

 

を模索することが必要なのはたしかです。

 

 

性別を意識させない戦略へ…

 

こういった時代の流れに沿った戦略も大切ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/17 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

成果にこだわり続ける 

 

二極化するマーケティングが良いのか悪いのか…?

 

これは、なかなか難しい問題です。

 

 

ただ、1つ言えるのは、

 

王道であれ、奇を衒ったものであれ、成果をださなければならい…

 

ということです。

 

 

方法論の善し悪しではなく、

 

成果の如何…

 

ここが問題なんです。

 

 

成果にこだわり続ける…

 

これも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/16 06:59 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

手が届きそうで届かない 

 

今まで、魅力的だったものが、

 

ある日突然、魅力を感じなくなる…

 

なんてことがあります。

 

 

では、なぜ、魅力を感じなくなるのでしょうか…?

 

 

データでは、

 

身近で手の届くものだから…

 

という傾向が見て取れました。

 

 

これを言い換えれば、

 

手が届いたしまうと、魅力感じない…

 

ということです。

 

 

手が届きそうで届かない…

 

この微妙なさじ加減も重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/15 06:58 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

大切にしていることをアピールする 

 

どれほど大切にされるか…?

 

人にとって、これは、とても大きな問題です。

 

 

データでも、

 

大切にされる度合い…

 

によって、

 

いろいろなものを評価している…

 

傾向が表れているのです。

 

 

言い換えれば、

 

お客さまも、大切にされること…

 

が、

 

会社やお店を選ぶ際の重要な評価基準…

 

だということです。

 

 

大切にしていることをアピールする…

 

お客さまの気持ちを掴む重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/14 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまを絞り込む 

 

見込み客を増やせば、購入に繋がる…

 

というのも、ある意味事実です。

 

 

では、

 

見込み客が全員、購入してくれる…

 

なんてことがあるのでしょうか…?

 

 

これは、あり得ません。

 

 

一人も購入してくれないことだってあるのです。

 

 

つまり、見込み客を増やしつつ、

 

そのごく一部の購入しくれるお客さまを絞り込む…

 

これも重要なポイントなんです。

 

 

お客さまを絞り込む…

 

見込み客を増やして満足するのではなく、一人でも多くのお客さまに購入してもらうことが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/13 06:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

感じて欲しいように演出する 

 

事実というのは、いとも簡単に作られる…

 

と言ったら、みなさんは、どう思うでしょうか…?

 

 

「そんなことは、ない…」

 

と思うかもしれません。

 

 

しかし、現実は、

 

今見ているものが、事実となる…

 

んです。

 

 

ようするに、

 

見た目を演出すれば、それも事実と成り得る…

 

ということんなんです。

 

 

お客さまに、感じて欲しいように演出する…

 

見た目で作られる現実をいかに演出するかもテクニックの1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/12/12 06:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)