FC2ブログ







お得感を演出する組み合わせ 

 

組み合わせる…

 

これは、意外に使えるテクニックです。

 

 

たとえば、

 

コーヒーとケーキ…

 

を組み合わせる。

 

 

これで、

 

単品よりお得…

 

なら、どう思うでしょうか…?

 

 

お得なら、こっちにしようか…?

 

と思う人も多いはずです。

 

 

言い換えれば、

 

利益率は多少減る…

 

かもしれませんが、

 

売上げはアップする…

 

わけです。

 

 

お得感を演出する組み合わせ…

 

売上げアップのテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/22 06:47 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

中身がなければ、問い合わせなどしない 

 

ホームページを見て、お客さまは何を思うか…?

 

 

見た目の感覚だけで、

 

おっ、この会社に問い合わせしよう…

よし、このお店に問い合わせしよう…

 

と思うでしょうか…?

 

 

トップページにデカデカと、

 

問い合わせ先を載せているだけ…

 

では、お客さまは問い合わせなどしないのです。

 

 

つまり、

 

何を書いているのか…?

 

ここが重要なんです。

 

 

その上で、

 

問い合わせ先が大きく掲載されている…

 

この順番がポイントです。

 

 

中身がなければ、問い合わせなどしない…

 

お客さまは、当たり前のことを、当たり前に見ていますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/21 06:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

間接的に伝わるように工夫する 

 

なぜ、口コミが効果的なのか…?

 

 

みなさんは、なぜだと思いますか…?

 

 

ある説では、人は、

 

直接的に何かを言われる…

 

より

 

間接的に聞く…

 

方が、

 

信用しやすい…

 

からだと言われています。

 

 

たしかに、この説だけが正解というわけではありません。

 

 

しかし、

 

大きなヒント…

 

であることは、たしかです。

 

 

間接的に伝わるように工夫する…

 

口コミを起こりやすくする工夫も重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/20 06:40 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

気持ちよくなってもらう工夫 

 

気分が良いとき、人は、

 

注意が散漫…

 

になりやすくなります。

 

 

この、

 

注意が散漫…

 

なとき、

 

何かを勧められる…

 

と、どうなると思いますか…?

 

 

意外なことに、

 

受け入れやすい…

 

という傾向を示すのです。

 

 

これを別な視点でとらえれば、

 

お客さまに気持ちよくなってもらう…

 

ことが、

 

売るためには必要だ…

 

といえるわけです。

 

 

気持ちよくなってもらう工夫…

 

これも、売るためのテクニックですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/19 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

手に取ってみたいと思わせる工夫 

 

商品を見て、思わず手にとってしまう…

 

こんな経験ないでしょうか…?

 

 

たぶん、一度はあるんじゃないでしょうか。

 

 

では、みなさんの会社やお店で並べている商品を、

 

お客さまは、手に取ってみたい…

 

と思っているでしょうか…?

 

 

頭をひねった人も多いはずです。

 

 

なぜか…?

 

 

それは、

 

実際は、そこまで考えてやってない…

 

からなんです。

 

 

手に取ってみたいと思わせる工夫…

 

商品を売るために必要ななのが、この工夫ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/18 06:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

的確な答えができるようする 

 

お客さまの質問に、的確な答えをする…

 

これだけ聞けば、ものすごく当たり前の事です。

 

 

では、実際にできているのでしょうか…?

 

 

実は、実際の現場では、

 

的確な答え…

 

どころか、

 

的外れな答え…

 

の方が、多いのです。

 

 

そのために、

 

多くのお客さまは逃がしている…

 

という傾向も、データでは出ているのです。

 

 

的確な答えができるようする…

 

これもお客さまの心を掴むためには必要なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/17 06:55 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

努力は努力、結果は結果 

 

自分なりにベストを尽くしても、

 

結果…

 

が出なければ、やり方を変えることが必要です。

 

 

なぜなら、

 

結果が出ない…

 

ということは、

 

何かが違うよ…

 

という合図だからです。

 

 

努力は努力、結果は結果…

 

この割り切りが、改善へと繋がり、

 

最高の結果…

 

を生み出すことへと繋がりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/16 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

活用するためのデータを集める 

 

お客さまの情報は、

 

最低限のものさえあれば良い…

 

と考えている人もいます。

 

 

たしかに、

 

適当な頻度でメールを出すだけ…

 

なら、

 

アドレスと名前…

 

ぐらいがあれば、何の問題もありません。

 

 

お客さまにしてみても、

 

アドレスと名前…

 

ぐらいなら、

 

教えるのが面倒だ…

 

とは思わないので、聞く方も楽です。

 

 

しかし、売るためのデータとして考えるなら、

 

情報は多ければ多いほど良い…

 

のです。

 

 

なぜなら、情報が多ければ、

 

さまざまな角度から、お客さまにアプローチ…

 

できるからです。

 

 

活用するためのデータを集める…

 

情報を集めるときは、こういった考え方も必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/15 06:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

長時間、何度も見せる工夫 

 

1つの商品を長時間見せる工夫…

 

 

1つの商品を何度見せる工夫…

 

たったこれだけのポイントを、

 

上手に演出する…

 

だけでも、お客さまの購買確率はアップする傾向にあります。

 

 

短時間しか見たことない商品より、長時間見たことがある商品。

 

一度しか見たことない商品より、何度も見たことがある商品。

 

 

人の感覚というのは、こういったことに誘導されやすいのです。

 

 

長時間、何度も見せる工夫…

 

ちょっとした工夫をすることが、売ることに繋がりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/14 06:01 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

自分と同じように思う人は誰か…? 

 

自分が欲しいもの…

 

これが、

 

他人が欲しいもの…

 

だとは限りません。

 

 

しかし、

 

自分が欲しいもの…

 

を、

 

他人が欲しくないと思っているのか…?

 

というと、これも違うんです。

 

 

言い換えれば、

 

自分が欲しいと思う感覚…

 

と同じ感覚を誰かが持っているということです。

 

 

つまり、

 

その誰か…?

 

を明確にすることが、

 

売れる…

 

ということに繋がるわけです。

 

 

自分と同じように、

 

その商品が欲しいと思う人は誰か…?

 

を知ることが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/10/13 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)