スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

飽きられないための工夫をする 

 

どんなに好きな食べ物でも

 

飽きたらどうなるか…?

 

これは、誰もが知っています。

 

 

ビジネスもこれと同じで、

 

お客さまに飽きられたら、お客さまは離れていく…

 

のです。

 

 

昨日も今日も明日も、年中同じ…

 

これでは、お客さまは飽きてしまいます。

 

 

飽きられないための工夫をする…

 

これも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2013/06/30 06:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

有益な情報を提供する 

 

情報はただで手に入る…

 

この感覚が、当たり前になってきています。

 

 

その反面、

 

貴重な情報には、お金を支払う…

 

ということも、また当たり前になってきているのです。

 

 

言い換えれば、

 

購買を決定するための有益な情報…

 

というものも、

 

工夫を凝らせば高い付加価値…

 

になるということです。

 

 

お客さまに、有益な情報を提供する…

 

これも重要なポイントの1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/29 06:44 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

失敗しても不思議ではない 

 

浮沈…

 

さまざまな仕掛けは、多くの人が使えば使うほど、

 

浮く人…

 

 

沈む人…

 

が出てきます。

 

 

ようするに、多くのうまくいった仕掛けというのは、

 

うまくいった人…

 

が多ければ、

 

失敗する人…

 

も限りなく多くなると言うことです。

 

 

失敗しても不思議ではない…

 

この感覚を持つことが、うまく行くためには必要なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/28 06:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

成果が上げることを考える 

 

食わず嫌い的な思考…

 

これに陥ると、成果が期待できなくなります。

 

 

たとえば、マーケティングにしても、

 

Aという方法論は好きだからやる…

 

でも、

 

Bという方法論は嫌いだからやらない…

 

となったらどうなるでしょうか…?

 

 

これで成果が期待できるでしょうか…?

 

 

好き嫌いと成果…

 

これは必ずしも一致しません。

 

 

成果が上げることを考える…

 

基本は、ここですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/27 06:51 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの感性を理解してあげる 

 

自分の感性を信じて、

 

プロとしてのアドバイス…

 

をすることは良いことです。

 

 

ただ、一つ覚えておかないといけないのが、

 

自分の感性は、必ずしもお客さまの感性と一致するわけではない…

 

という現実です。

 

 

簡単に言えば、

 

自分が良い…

 

と思ったモノであっても、

 

お客さまにとっては、どうかわからない…

 

ということです。

 

 

プロとしての感性をアドバイスしながら、

 

お客さまの感性を理解してあげる…

 

ここが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/26 06:24 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

理屈をきちんと理解する 

 

「何を」「何のために」しているのか…?

 

これを明確にすると、売れ方もかわっtきます。

 

 

たとえば、ポップ。

 

 

これ一枚にしても、

 

このポップを何のためにしているか…?

 

が理解できれば、書き方にも工夫が生まれます。

 

 

すると、それが、

 

成果…

 

にも結びついていくわけです。

 

 

理屈をきちんと理解する…

 

これも売るために必要な基本の一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/25 06:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

部品の組み合わせを工夫する 

 

さまざまなマーケティングの手法があります。

 

 

ということは、これらは、

 

一つ一つが部品…

 

と考えることもできるわけです。

 

 

数々の手法を組み合わせる…

 

たったこれだけの、アイデアでも、

 

何百、何千の組み合わせ…

 

がうまれるのです。

 

 

つまり、

 

自社、自店に合った組み合わせも見つかる…

 

ということなんです。

 

 

部品の組み合わせを工夫する…

 

これが効果を上げるためには必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/24 06:58 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

イメージしてもらう 

 

イメージ…

 

これによって、購買が左右されるケースもあります。

 

 

たとえば、

 

楽しそうなイメージ映像の中…

 

で、

 

特定の商品を紹介する…

 

とどうなると思いますか…?

 

 

その商品を使う…

 

と、

 

そのイメージが手に入る…

 

という感覚になるのです。

 

 

イメージしてもらう…

 

こういったテクニックも、お客さまを誘導するときに効果的ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/23 06:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

冷静に自社を見渡してみる 

 

独りよがりは良くない…

 

と言われます。

 

 

では、みなさんの周りにある会社やお店は、

 

独りよがりしてない…

 

と言えるでしょうか…?

 

 

たぶん、疑問に思うはずです。

 

 

実は、これと同じことが、自社、自店にも言えるのです。

 

 

言い換えれば、

 

普通に見ていては気付かない事…

 

だからこそ、

 

冷静に分析してみること…

 

が重要になってくるわけです。

 

 

冷静に自社を見渡してみる…

 

足下を見渡すことも重要なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/22 06:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

価値のあるものを提供できれば… 

 

ブランド…

 

少し前までは、この言葉を聞くと、多くの人が、

 

高級品…

 

を連想していました。

 

 

しかし、現在では、

 

価値のあるもの…

 

はそれだけでブランドだという認識になっているのです。

 

 

言い換えれば、

 

価値のあるものを提供できれば、ブランドになれる…

 

ということです。

 

 

ブランドが特殊なものではなくなってきている現在…

 

ある意味、これもチャンスですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/06/21 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。