スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発展している他業種を見習う 

 

なぜ、コンビニでものを買うのか…?

 

 

これを考えると、

 

商品の値段…

 

というものが、

 

安くないとダメ…

 

という考え方は、ちょっと違うというのが分かります。

 

 

もし、安くないとダメなら、コンビニは、これほど隆盛を極めることができたでしょうか…?

 

たぶん、できなかったはずです。

 

 

つまり、

 

安くなくても、売れる理由…

 

これを作ることが、発展するためには必要だということです。

 

 

発展している他業種を見習う…

 

これも重要なポイントの1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2013/04/30 06:35 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

保守的であっても、革新的に 

 

頭で分かっている…

 

でも、

 

保守的なこと…

 

をしてしまう。

 

 

多くの会社やお店に、見られる傾向の1つです。

 

 

たしかに、保守的なのが悪いわけではありません。

 

 

しかし、

 

革新的な発想…

 

も備えてなければ、

 

商売としてはバランスが悪い…

 

のも事実です。

 

 

保守的であっても、革新的に…

 

こういった姿勢が大切ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/29 06:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

自分なりの思いを素直に伝える 

 

自分の表現で伝える…

 

意外と、こういったものがうけることがあります。

 

 

たてえば、あるショップのスタッフ。

 

 

自店で取り扱うあるメーカーの洗顔石けんを使った感想を、

 

この堅い感じの泡が、逆にシッカリと汚れを落としくれる…

 

と石けんの泡を表現したポップを作成しました。

 

 

すると、お客さまから、高い反応があったのです。

 

 

泡を、堅いと表現する…

 

普通では、ちょっと思いつきません。

 

 

しかし、こういった自分なりの表現の方が、より親しみを覚えることもあるのです。

 

 

自分なりの思いを素直に伝える…

 

これも大切なことの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/28 06:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

対象を絞り込んで興味を引く 

 

人には、不思議な傾向があります。

 

 

たとえば、

 

この商品は、女性に大人気です…

 

と書かれた商品があったとします。

 

 

もし、みなさんが男性なら、どのようにうに感じるでしょうか…?

 

 

自分には、関係ない…

 

と思うはずです。

 

 

では、みなさんが女性なら、どうでしょうか…?

 

興味が湧くのではないでしょうか…?

 

 

つまり、

 

対象を明確した方が、興味を引きやすい…

 

ということなんです。

 

 

対象を絞り込んで興味を引く…

 

これも効果的な技術の1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/27 06:44 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

使い方によって欲しいものが違う 

 

欲しいもの…

 

は、使い方によって変わってきます。

 

 

たとえば、携帯。

 

 

自分のライフスタイルからいうと、

 

スマフォが欲しい…

 

という人もいます。

 

 

しかし、

 

ガラケーが欲しい…

 

というライフスタイルの人もいるのです。

 

 

使い方によって欲しいものが違う…

 

これも重要なポイントの1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/26 06:58 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

不便と商品を結びつける 

 

不便を感じたことがない…

 

こんな人はいるでしょうか…?

 

 

達観した人は別として、

 

普通なら何かしら不便を感じる…

 

のではないでしょうか…?

 

 

では、不便を解消するものが売られていたら、みなさんは、どうするでしょうか…?

 

 

「欲しい!」

 

と思うのではないでしょうか…?

 

 

ようするに、

 

不便を解消する…

 

ことと、

 

商品やサービス…

 

を結びつければ、それは、だだの「もの」から

 

お客さまが欲しがる「もの」…

 

に変わるわけです。

 

 

不便と商品を結びつける…

 

これも売るための技術の一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/25 06:29 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売れる売る方を心掛ける 

 

ものが売れない…

 

これには、さまざまな理由があります。

 

 

ただ、この中でも大きな割合を占める理由が幾つかあるのも事実です。

 

 

その中の1つが、

 

自分で売ろうとするから…

 

という理由です。

 

 

売り下手な人が、そのスキルで売っていたらどうなるでしょうか…?

 

まず、売れません。

 

 

つまり、

 

売れる人に売ってもらう…

売れる人のスキルを真似る…

 

こういったことが必要なんです。

 

 

売れる売る方を心掛ける…

 

当たり前の事ですが、とても一番大切なことですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/24 06:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

口コミは、お客さまから生まれる 

 

使ってみて、

 

これは良い…

 

と思ったら、みなさんは、どんな行動をとりますか…?

 

 

誰かに話したくなるのではないでしょうか…?

 

 

実は、これ、とても大切なポイントなんです。

 

 

購入してくれた10人が、

 

これは良い…

 

と思ってくれれば、

 

10人の営業社員…

 

を雇ったことになるわけです。

 

 

口コミは、購入してくれたお客さまから生まれる…

 

難しく考える前に、シンプルに考えてみることも重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/23 06:05 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

視点が変われば、違う商品 

 

ギフト…

 

という発想に立てば、ほぼすべての商品の視点を変えることができます。

 

 

購入した人に使ってもらう…

 

から、

 

ギフトとして購入してもらう…

 

この視点です。

 

 

視点が変われば、違う商品…

 

視点を変え、売り方を変え、売る対象を変えることで、一つの商品の売れる可能性は無限大に広がりますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/22 06:04 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どちらの市場で戦うのが有利か 

 

小さな市場での10パーセントを獲得…

大きな市場での0.01パーセントを獲得…

 

どちらも戦略としては間違いではありません。

 

 

一般的には、中小零細企業が第一歩として行うなら、「小さな市場…」と言われますが、

 

これが100パーセント正解か…

 

と言われれば、そうではないのです。

 

 

「大きな市場…」する戦略で成功を収めている会社やお店もあるのが現実なんです。

 

 

どちらの市場で戦うのが有利か…

 

問題はココですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/21 06:50 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。