FC2ブログ







話術の一つとしての、駄洒落 

 

駄洒落…

 

空気を読まずに言えば、引かれるだけです。

 

 

しかし、ちょっとしたアクセントに使えるようになると、

 

その場を和ま、周りにまで和みを伝染させる…

 

力があるのも事実なんです。

 

 

ある会社のケースでは、社員間での駄洒落を推奨することにより、

 

お客さまとのコミュニケーション…

 

が良好になったという事例もあります。

 

 

話術の一つとしての、駄洒落…

 

これも雰囲気を作るテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/10 06:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どうすれば手に取ってくれるか…? 

 

他の人がとった行動…

 

これに、人は影響を受けやすいという傾向があります。

 

 

たとえば、

 

多くのお客さまが手に取るような仕掛け…

 

を行えば、それだけで、

 

他のお客さまもそれにつられて興味を示す…

 

ということです。

 

 

一人でも多くの人が、どうすれば手に取ってくれるか…?

 

興味を示してもらうことが、販売への第一歩ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/09 06:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

どのようにシンプルに伝えるか 

 

欲しい!…

 

という感覚は、複雑な要素が絡み合って生まれます。

 

 

では、お客さまに、

 

欲しい!

 

と思ってもらうために、複雑な仕掛けが必要なのでしょうか…?

 

 

これは、違います。

 

 

シンプルでなければ、

 

欲しい!

 

とは思えないのです。

 

 

考える前に行動してもらうには、

 

どのようにシンプルに伝えれば良いか…?

 

これが重要なポイントですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/08 06:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売りたい商品だけ目立たせる 

 

写真を撮るとき、とりたい対象物にフォーカスを合わせて、それ以外はぼかすことがあります。

 

 

こうすることで、より対象物を目立たせるわけです。

 

 

売るときもこれと同じで、

 

すべてにフォーカスを合わせる…

 

のではなく、

 

売りたい対象物だけにフォーカスを合わせる…

 

この考え方が必要なんです。

 

 

他の商品より、売りたい商品だけ目立たせる…

 

これも売るためのテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/07 06:16 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

関連商品といかに組み合わせるか 

 

関連商品を売る…

 

これは、売るための基本の一つです。

 

 

たとえば、お弁当と言えば、飲みもの。

 

 

お弁当に飲みもの割引券を付けることで、売上げがアップした事例もあります。

 

 

このようにその商品とセットで買うであろう商品なら、割引すれば売れる可能性は確実にアップするのです。

 

 

関連商品といかに組み合わせるか…

 

これもテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/06 06:37 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

見えないものを見えるように 

 

見えないものを見えるようにする…

 

これだけで、お客さまの反応はアップします。

 

 

たとえば、商品の残り個数。

 

お客さまには、分かりません。

 

 

残り1個なのか、10個なのか、分からないのです。

 

 

では、これを見えるようにして、

 

残り1個です…

 

とすると、どう感じるでしょうか…?

 

 

後1個なら、買っておかないと…

 

という、気持ちも芽生えるのです。

 

 

見えないものを見えるように…

 

至って単純なことですが、とても効果的な方法の一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/05 06:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

教えてあげなければ… 

 

何も欲しがらない…

 

なんて人は、ほとんどいません。

 

 

誰だって、切っ掛けさえあれば、

 

欲しい!…

 

と思いたいのです。

 

 

言い換えれば、お客さまは、

 

欲しい!

 

と言える、

 

切っ掛けを探している…

 

んです。

 

 

つまり、

 

お客さまに教えてあげる…

 

これが切っ掛け作りになるわけです

 

 

教えてあげなければ、欲しいとは言わない…

 

切っ掛けを作ることが売るための第一歩ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/04 06:24 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

自分だけの何かをキープできる環境 

 

お店で、

 

マイ○○をキープする…

 

とどうなるでしょうか…?

 

 

たとえば、お寿司屋さんで、

 

マイ焼酎をキープ…

 

したら、みなさんなら、どうしますか…?

 

 

また、足を運ぶのではないでしょうか…?

 

 

つまり、

 

自分だけの何かをキープできる環境…

 

を作ることで、

 

お客さまは、高い確率で、また来てくれる…

 

ということです。

 

 

応用が利くテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/03 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

幾つもの伝える手段を確保する 

 

お客さまに伝える手段は一つだけ…

 

これも、間違いではありません。

 

 

では、

 

お客さまに伝える手段が複数ある…

 

のと、比べるとどうでしょうか…?

 

 

一つより複数の方が、効果的ではないでしょうか…?

 

 

一つの方法に頼るというのは、ある意味これと同じです。

 

 

幾つもの伝える手段を確保する…

 

お客さまに伝える上で、とても大切なことの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/04/02 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)