FC2ブログ







知恵を絞った上手な演出 

 

誇大広告…

 

これは控えなければなりません。

 

 

ただ、まったくゼロでは、お客さまの心に届きません。

 

そこには、ある程度大きく見せることも必要なんです。

 

 

もし、売れてないモノを売れてないように見せたら、どうなるでしょうか…?

 

尚更、売れなくなるだけです。

 

 

つまり、売れてなくても、

 

知恵を絞って売れてるように見せる…

 

こういった演出も必要だということです。

 

 

知恵を絞った上手な演出…

 

お客さまの心を動かすポイントの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/18 06:23 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

言葉をポジティブに変換する 

 

言葉というのは、伝え方一つで大きく変わってきます。

 

 

たとえば、

 

3つ売れてます…

 

と言うのと、

 

すごく売れてます…

 

というのとでは、お客さまの受け取り方はまったく違います。

 

 

事実だけを伝えることも必要ですが、ときには、このような

 

ポジティブな伝え方…

 

も必要だということです。

 

 

言葉をポジティブに変換する…

 

これもお客さまの心掴むテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/17 06:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

理解したうえで不本意ながら筋を曲げる 

 

看板は、小さくてもインパクトあれば…

 

たしかに、これも本当です。

 

 

ただ、一つ理解しておかなければならないのは、

 

大きくてインパクトある方が、より目立つ…

 

という現実のデータが示す意味です。

 

 

目的は何か…?

 

を考えたとき、安易に妥協するのではなく、

 

データが示す意味…

 

を理解したうえでの思考が大切です。

 

 

たんに妥協するのと、

 

理解したうえで不本意ながら筋を曲げる…

 

のは天地の開きがありますので、みなさんも、ぜひ忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/16 06:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

緊張のあとは安心を 

 

極度の緊張をしたあとに安心感を与えられた状態…

 

このとき、多くの人は、何でも受け入れる傾向にあります。

 

 

これを応用して、

 

難しい話しをした後の、軽い話し…

 

などを行えば、お客さまに、

 

フッと気を許す瞬間…

 

を作ることもできるのです。

 

 

緊張のあとは安心を…

 

これもお客さまの心を掴まえるテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/15 06:44 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの言葉に素直に耳を傾ける 

 

論理的に説得する…

 

ものを売るときには、大切なことです。

 

 

ただ、ここにだけ注力していると、ある重大なことを忘れることがあります。

 

 

その重大なこととは、

 

お客さまの論理も素直に聞く…

 

ということです。

 

 

いくら論理的でも、一方的に話していたら、お客さまは購入などしてくれません。

 

 

買いたいと思ってもらうためには、

 

聞いて、理解してあげること…

 

が大切なのです。

 

 

お客さまの言葉に素直に耳を傾ける…

 

接客の基本ですが、とても大切なことですので、みなさんも、ぜひ忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/14 06:11 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

価値観を理解してあげる 

 

現実と価値観…

 

お客さまは、どちらを選択するでしょうか…?

 

 

多くのお客さまは、自分の価値観を選択する傾向にあるのです。

 

 

言い換えれば、

 

価値観を理解してあげる…

 

これが、お客さまのハートを掴む鍵になるといえます。

 

 

この鍵は、お客さまとのコミュニケーションをとるうえでの、重要なポイントの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/13 06:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

基本 + 応用テクニック 

 

表現の基本で言えば、

 

同じ言葉を繰り返す…

 

ことは、あまり良しとされないものです。

 

 

では、お客さまの心を動かすことを考えると、どうでしょうか…?

 

 

実は、同じ言葉を反復することも必要なんです。

 

 

ポップを書く…

コピーを書く…

 

などのような方法で、お客さまん心を動かしたいときは、

 

基本 + 応用テクニック…

 

も必要ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/12 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまに一歩でも近づく 

 

過大なビジネスを行う…

 

これが現在では、一般的に行われています。

 

 

たしかに、これも一つの戦略だと思います。

 

 

ただ、

 

お客さまとの繋がり…

 

を考えるなら、

 

過大より過小の戦略…

 

を選ぶ方が有利かもしれません。

 

 

お客さまから離れるより、一歩でも近づく…

 

ときには、こちらの方が、お客さまを集めることができますので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/11 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

買った後がイメージできる 

 

好きだから買う…

 

一般的には、これが普通だと思われています。

 

 

では、本当にそうなのでしょうか…?

 

 

データでは、

 

好きだから買う…

 

というより、

 

実用性があるから買う…

 

という傾向の方が強く表れていました。

 

 

買った後がイメージできる…

 

これもお客さまが購入するときのポイントの1つですので、みなさんも、ぜひ覚えておいてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/10 06:35 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

権威あるものに流される 

 

権威付け…

 

簡単なテクニックですが、とても効果的な方法です。

 

 

たとえば、商品を説明するとき、

 

この商品、○○さんも使っている商品なんです…

 

と著名人の名前を出されると、誰だって、気になります。

 

 

商品の善し悪しもさることながら、

 

○○さんが使っている…

 

というところに、流されてしまうからです。

 

 

権威あるものに流される…

 

この心理をほんの少しだけ突くことも、効果的なテクニックの1つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2013/02/09 06:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)