FC2ブログ







客観的に見ないと見えないもの 

 

経営者が、主観で見ていると見えないものがたくさんあります。

 

 

しかし、お客さまの視点で客観的に見ると、

 

これが良く見える…

 

のです。

 

 

たとえば、行きつけのお店。

 

何回も足を運んでいると、お店の隅々にまで目が行くようになります。

 

 

すると、

 

経営者には見えない問題点…

 

がお客さまにはハッキリと見えるのです。

 

 

つまり、

 

お客さまが離れていく原因…

 

を作ってしまうわけです。

 

 

客観的に見ないと見えないもの…

 

これを見ることも、お客さまの心を掴むことに繋がりますので、みなさんも、ぜひ覚えておいてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2012/12/21 06:01 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)