スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

写真は取り方次第で、演出できる 

 

商品量が少ないから画像が掲載できない…

 

あるお店の悩みでした。

 

 

しかし、これは大量の商品を大量に並べて写そうとするから、こうなるだけなんです。

 

 

あるプロのカメラマンは、

 

少ない商品をアングル一つで大量に見せる…

 

という手法を使いこなして、商品を演出しています。

 

 

写真は取り方次第で、演出できる…

 

これもPRのテクニックの一つですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2012/07/31 06:38 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

検証と改善を怠らない 

 

やり続ければ、効果が出る…

 

これは、ある意味正解であり、ある意味不正解な考え方です。

 

 

たしかに、コツコツとやり続けることは重要です。

 

 

継続は力なり…

 

で、効果も期待できます。

 

 

ただ、検証して効果が出ないものは、改善することが必要です。

 

 

何の検証もせず、何の改善もをせずにやり続けることは、成果に結びつくことはありません。

 

 

検証と改善…

 

やり続けるとき、これだけは怠らないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/30 06:30 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

上得意さまを大切にする 

 

マーケティング戦略はは一見すると、

 

新しいお客さまの創造だけ…

 

というように思われがちです。

 

 

しかし、

 

お客さまの流出を防ぐ…

 

これも立派な戦略なんです。

 

 

何度も足を運んでくれるお客さま、この上得意さまを

 

いかに大切にするか…

いかに優遇するか…

 

これも重要なポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/29 06:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

興味を示さなかったときの損出は…? 

 

お客さまがどうすれば反応してくれるか?

 

これは、難しい課題です。

 

 

ただ、いくつか言えることがあります。

 

 

その中の一つが、

 

興味を示さなかったときの損出 > 興味を示したときの損出

 

であるということです。

 

 

つまり、興味を示したときの損出を最小限に抑え、興味を示さなかったときの損出が大きいことを明確に示せば、興味を示してもらえるということです。

 

 

ぜひ覚えておいて、この公式を応用してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/28 06:18 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

「すぐやる」と考えること 

 

何か事を起こすとき、

 

遠い未来の感覚…

 

で物事を考えると、抽象的になってしまします。

 

 

差し迫ってないと、案外こういうものです。

 

 

なので、戦術を立てるときは、

 

「すぐやる」

 

この考え方をすることが必要です。

 

 

そうすることにより、

 

「具体的な思考」

 

ができるのです。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/27 06:40 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

まず小さなグループを作る 

 

仲間意識…

 

小さなグループには、強力なこの意識が芽生えます。

 

 

するとどうなるか…?

 

 

何でも一緒にしてないと、

 

仲間はずれにされる…

 

という不安が生まれるのです。

 

 

一見すると負のイメージですが、

 

強力な繋ぎ止め効果がある…

 

ということは事実です。

 

 

まず小さなグループを作る…

 

これも一つの強力な戦術ですので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/26 06:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

違いが小さなうちに、逆転しておく 

 

同業他社の小さな優位性…

 

ほとんどの場合、この違いを放置してしまいます。

 

 

ただ、この優位性は、最初は小さくても、

 

大きな違い…

 

へと変わっていくのです。

 

 

お客さまは大勢に傾く…

 

一度傾きはじめた流れは、勢いを増していきます。

 

 

違いが小さなうちに、逆転しておく…

 

これが大事なポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/25 06:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

完璧に伝えないという手法 

 

一般的には、

 

すべての情報を完璧に伝えること…

 

これが良いと言われています。

 

 

しかし、必ずしも、この方が反応が高いわけではありません。

 

 

PRする商品やサービスの性質によっては、

 

不完全な情報…

 

の方が、興味を示すケースがあるのです。

 

 

完璧に伝えないという手法…

 

はまると効果的な手法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/24 06:18 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまに何を伝えたいのか? 

 

10秒のCM…

 

もし、この時間が、ゴールデンタイムにもらえたら、あなたは何を話しますか?

 

 

この質問に対し、キチンと答えられた経営者の人はどれくらいいたと思いますか?

 

実は、ごく一部だったのです。

 

 

そして、この一部の人は、ビジネスを成功されている人がほとんどだったのです。

 

 

お客さまに何を伝えたいのか?

 

これをいつも胸に秘めて、いつでも伝えられるようにしておくこと。

 

 

この重要性を、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/23 06:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

両方に目を向けることが大切 

 

集客力がない時期に集客したい…

 

誰もが考えることです。

 

 

これができれば、いついかなるときでも集客できる最高の状態になるからです。

 

 

ただ、

 

とても難しい…

 

というのも事実です。

 

 

では、この逆の、

 

集客できるときに、もっと集客する…

 

という考え方だと、どうなんでしょうか。

 

 

データで見ると、成功する可能性はかなり高い傾向にあります。

 

 

どちらに目を向けるか…

 

ではなく、

 

両方に目を向ける…

 

これも大切なことですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/07/22 06:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。