スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自社自店のお客さまはどんな人なのか? 

 

誰が自社自店の商品やサービスを買ってくれるのか?

 

 

これが定かでないと、的外れなアプローチしかできません。

 

 

例えば、若者向けの商品を、高齢者に向けて売ろうとしても売れないのと同じです。

 

 

これは極端な例かもしれませんが、

 

誰が買ってくれるのか?

 

これは、重要なポイントであることは間違いのない事実です。

 

 

自社自店のお客さまはどんな人なのか?

 

みなさんも、今一度、見直してみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2012/06/30 06:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

在庫を抱えない流通システムを考える 

 

在庫がゼロだと、とても効率的です。

 

 

しかし、現実には大量の在庫を抱え込んでしまうものです。

 

 

在庫管理…

 

この視点では、この在庫を少なくすることは難しいかもしれません。

 

 

そこで、

 

流通システムを見直す

 

これが大切です。

 

 

在庫を抱えない流通システム…

 

在庫を見直すには、このように根本から変えていくことも重要ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/29 06:03 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

口コミの切っ掛けを作ることは可能です 

 

口コミを自分の思い通りにコントロールしようとしても、これは無理です。

 

 

しかし、

 

「口コミを起こす切っ掛け…」

 

これをコントロールすることは可能です。

 

 

例えば、

 

最高のサービス…

 

こういったもとを受けたお客さまはどう思うでしょうか?

 

 

誰か友達に話したくなるのではないでしょうか?

 

 

このように、口コミを広げてもらうことはできなくても、切っ掛けを作ることはできますで、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/28 06:30 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

インターネット広告、SNS広告も視野に入れる 

 

SP媒体だけ打って、

 

「効果が出ない…」

 

と、嘆いているケースが多々あります。

 

 

ちなみにSP媒体とは、

 

ポスター、リーフレット、 DM、ビデオ、 DVD、交通広告、 屋外広告、折り込みチラシ、電話帳広告…

 

などがコレに当たります。

 

 

たしかに、SP媒体は効果が高い媒体ではあります。

 

 

しかし、近年は、インターネット広告、SNS広告も視野に入れなければならないのも事実です。

 

 

インターネット広告、SNS広告…

 

みなさんも、ぜひ、こちらの戦術も試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/27 06:08 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

アンケートデータをビジネスに活かす 

 

お客さまの状況や動向を数字で把握する…

 

これはとても重要なことです。

 

 

ある会社でも、アンケートデータを取り始めて、

 

「自社の問題点」

 

が、はじめて浮き彫りになりました。

 

 

それまで、手を付けていなかったことを改善することで、お客さまから多くの支持を得ることができたのです。

 

 

「こうだろう…」

 

という勝手な思い込みでは、ほんとうの改善はできません。

 

 

アンケートデータをビジネスに活かす…

 

みなさんも、ぜひ試してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/26 06:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

ローカルな繋がりの場を設ける 

 

店内で無線LAN環境を整える…

 

コレをすることによって、集客力が跳ね上がった例があります。

 

 

ソーシャルメディアと積極的に関わる機会は、あるようでないものです。

 

身近な人がオフ会などの音頭をとっていれば良いのですが、地方に行くと、そんな機会もありません。

 

 

そこで、よりローカルに、店単位でお客さまとの繋がりを行うために、無線LANを解放し、ソーシャルメディアで繋がる場を設けたのです。

 

 

すると、口コミで、お客さまが集まるようになりました。

 

 

ローカルな繋がりの場…

 

こういった場を求めている人も意外と多いので、みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/25 06:07 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

大切なお客さまを満足させる接客 

 

分からないことを聞く…

 

これがお客さまです。

 

 

では、このときいい加減な対応をしたらどうなるでしょうか?

 

答えは、目に見えています。

 

 

では、このときの対応が確実にできているか?

 

これも、疑問です。

 

 

一期一会…

 

売り手にとっては、お客さまは多数かもしれませんが、買い手にとっては、その一瞬だけなんです。

 

 

「大切なお客さまを満足させる接客」

 

みなさんも今一度、できているかどうか確認してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/24 06:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

VMDのアイデアを応用する 

 

実店舗でのVMD…

 

ネットでもこれを参考にすると反応が上がります。

 

 

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング【visual merchandising】)

 

もともとは、実店舗に使われる方法なのですが、ネットでも応用は可能です。

 

 

データでも、実店舗で試行錯誤して培われたVMDのアイデアを、ホームページのデザインなどに応用すると、お客さまの反応がアップしていました。

 

 

VMDのアイデアはさまざなな場面で役に立ちますので、みなさんも、ぜひ試してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/23 06:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

商品への自信の表れ… 

 

テイスティング、試食…

 

こういったことは、できるかぎりやった方が良いことの一つです。

 

 

データでも、テイスティングなどは、

 

商品への自信の表れ…

 

という良い評価がされています。

 

 

積極的にお客さまに試してもらう…

 

この姿勢も、お客さまから信頼を得る方法の一つですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/22 06:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

一言が手書きの文字で書かれていたら… 

 

一筆箋…

 

意外と使われてないのがコレです。

 

 

たしかに、電話などで手軽に一言かけるのが便利は便利です。

 

 

しかし、一筆箋にしたためる一手間は、相手の心に深く伝わるものなんです。

 

 

書類が届いたとき、一筆箋が入っていて、

 

「いつもお世話になっております」

 

とか

 

「先日は、ありがとうございました」

 

など、ちょっと一言が手書きの文字で書かれていたら、誰だって、

 

「気を遣ってくれて申し訳ないなー」

 

と思うのではないでしょうか。

 

 

こういった気遣いが、ほんとうのコミュニケーション(お客さまとの繋がり)ですので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2012/06/21 06:01 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。