FC2ブログ







バラバラに分解して売ってみる 

 

反応が弱い商品でも、

「セットにして価値を高める」

こうすれば、お客さまの反応はアップします。

 

では、この逆の発想をするとどうなるのしょうか?

 

実は、意外と反応はアップするのです。

 

 

例えば、反応の弱い一つの商品をバラバラに分解して売るという方法です。

 

 

あるセレクト家具のお店では、一つの家具をバラバラに分解して、部品一つから販売できるようにしました。

 

すると、その商品の反応が一気に高まったのです。

 

 

「ここだけ修理したい…」

「ここだけ新しくしたい…」

 

こういったお客さまの表面化しないニーズ、いままでは諦めていたニーズをうまく引き出したわけです。

 

 

一方向だけが正しい思考ではありません。

 

ときには逆の発想も必要ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2012/02/26 06:32 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)