FC2ブログ







こだわりを演出する表現の工夫 

 

少しの表現の違いで、商品が化けることがあります。

 

ある会社では、ネットに掲載している商品の説明を、あまり重要だと考えていませんでした。

そのため、商品の概略だけしかお客さまに伝えていなかったのです。

 

そこで、この商品説明の改善を図るため、説明内容にこだわることにしました。

 

例えば、

素材……ステンレス

だったものを、

丈夫で長持ち!傷の付きにくいタフなステンレス素材を使用…

というように、少しでも魅力的にこだわりを演出して伝えるようにしました。

 

すると、徐々に注文件数が増え始め、当初目標より2割以上多く注文があったのです。

 

書き方1つで…

と思うかもしれません。

 

ですが、テストを重ねて書き方1つに工夫を凝らせば、こういった成果も得られるのです。

 

あなたの会社やお店でも、こういった事例を参考にして、ぜひ、こだわりを演出する表現を工夫してみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/06/06 21:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)