スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

簡単な説明より、詳細な説明 

 

ホームページなどに多数の商品を掲載して販売するとき、一品当たりどれくらいの商品説明が必要だと思いすか?

 

簡単な説明で良いのでは…

と思われるかもしれません。

 

しかし、データによると、一品に一品に詳細な情報を詳しく書いてある方が、購買の可能性が格段にアップしているのです。

 

また、あるケースでは、重点商品を数品に絞り込み、一品につき一つのホームページを作成したところ、大幅に反応がアップしました。

 

簡単な説明より、詳細な説明…

反応アップのためには必要な手テクニックですので、ぜひ活用してみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2011/06/30 17:50 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

立体的に考えてみる 

 

平面的に考えれば解決できないことでも、立体的に考えれば解決できることもあります。

 

例えば、店舗などの売り場の広さ。

この広さを平面的思考で変えようとすれば、売り場を広げるしかありません。

 

しかし、そんなに簡単に売り場面積が変えられるでしょうか?

まず、不可能です。

 

では、解決方法がないのかと言えば、そうではありません。

立体的な思考を行えば解決できるのです。

 

立体的に考えれば、床から天井まではすべて使えます。

空間があるいじょう、すべて陳列に使えるということです。

 

限られた広さの中で、多数の商品を陳列して販売する場合などは、この陳列法はとても役に立ちます。

 

売り場が狭いな…

と感じたときは、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/29 18:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

陳列のポイントを見つける 

 

コンビニの陳列…

普段は何気なく見ているこの陳列も、勉強する気で見てみると、実に良くできていることに気付きます。

 

例えば、目線。

大人の目線で歩くと、まったく気付かない商品があります。

 

では、これを子供の目線で歩くとどうなるか?

試した方なら分かると思いますが、そこには、子供が手に取るような商品が並んでいるのです。

 

子供の視界に入らない商品は、子供が欲しがることはありません。

見えないのですから、当たり前です。

 

しかし、視界に入れば、子供はすぐに欲しがります。

そのため、子供の視界に入る位置に、子供向けの商品を陳列してあるわけです。

 

陳列のポイントを見つけ売上げに繋げる…

あなたの会社やお店でも取り入れられる方法ですので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/28 18:23 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

伝えたいことを一言でいうと何か 

 

ネットで広告を出す場合、

コピーの善し悪し…

これも、反応に直結する問題です。

 

ただし、ここに大きな落とし穴があるんです。

 

それは、

アレもコレも詰め込みすぎる…

という落とし穴です。

 

限られた文字数でいかに表現するかを考えると、どうしても全部詰め込みたくなります。

 

しかし、タイトル、本文共に内容を詰め込みすぎると、かえって反応は落ちてしまうのです。

 

あるデータでは、詰め込みすぎたことで20パーセント以上反応が低下したケースもあります。

 

伝えたいことを一言でいうと何か?

この凝縮したポイントをズバリ伝えることが、反応アップに繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/27 17:51 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

開封してもらうために工夫する 

 

装う…

これも大事な技術の一つです。

 

例えば、DM。

開封して読んでもらえなければ、出した意味がありません。

 

しかし現実には、ほとんどが開封されることも読まれることもなくゴミ箱行きです。

 

では、どうすれば開封してもらえるのでしょうか。

 

それは、

私信を装う…

こうすることなんです。

 

普通の封筒に、手書きで住所を名前を書き、切手を貼る…

これだけでも、開封率は飛躍的に上がります。

 

開封してもらうための工夫…

1通1通のDMを大切にするためにも、こういった工夫も大切ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/26 17:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

表現の仕方に工夫を凝らす 

 

表現の仕方一つで、売れ行きは変わってきます。

 

例えば、お肉。

極上の霜降り肉…

と書かれていれば、高級で美味しそうに感じます。

 

しかし、これを、

脂肪が極端に多いお肉…

とするとどうでしょうか。

 

たぶん、高級とも、美味しそうとも感じないはずです。

 

言ってることは同じでも、表現の仕方一つでこれほど変わるのです。

 

表現の仕方というのは、お金のかからないテクニックです。

 

あなたの会社やお店でも、ぜひ工夫を凝らして、売上げアップを図ってください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/25 20:50 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

計画(スケジュール)の作成は必須 

 

計画(スケジュール)は必要か?

ということを、度々聞かれます。

 

データから見れば、

必ず必要…

と言えます。

 

年間、月間などの計画(スケジュール)がある会社と、ない会社。

これを比較してみると、計画(スケジュール)がある会社の方が、圧倒的に経営状態が良いのです。

 

単なる偶然ではなく、これが現実なんです。

 

簡単な計画(スケジュール)でも作成するとなると、たしかに手間が掛かります。

しかし、それ以上の成果が期待できるはずです。

 

あなたの会社やお店でも、

計画(スケジュール)の作成…

ぜひ、実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/24 20:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

見せ方にポイントを外さない 

 

広告・宣伝に使う写真なども、見せ方にポイントがあります。

 

例えば、食べ物。

 

新鮮さが必要…

熱々感が必要…

色取りや盛りつけの良さが必要…

 

などなど、いろいろなことが考えられます。

 

ただ、一番大事なのは、

美味しそう…

このポイントなんです。

 

どんなにキレイに見せても、このポイントを外すと商品は売れません。

 

見せ方にポイント…

広告・宣伝で写真を使うときは、このポイントだけは外さないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/23 20:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

もう一歩踏み込んだ「こだわり」 

 

商品への「こだわり」をいかに演出するか…

これでも、集客力は変わってきます。

 

例えば、パン屋さん。

 

材料へのこだわり…

作り方へのこだわり…

 

などなど、こだわりを上手に演出すれば、それだけPR効果は数段にアップします。

 

ただ、これだけでは、まだ弱い面があります。

 

そこで、もう一歩踏み込んで、

お客さまの食べ方…

こういった裾野にまで、こだわりを持つことが必要です。

 

そこまでは必要ないだろう…

 

こう思うところまで、こだわりを持つことが格段の集客力アップに繋がりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/22 20:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

「一言でいうと、何か?」を伝える 

 

商品説明をするとき、とても大切なことがあります。

 

それは、

一言でいうと、何か?

これを、キチンと伝えられるかどうかです。

 

例えば、有名なピザ屋さん。

30分以内に配達します…

この一言を伝えることで、お客さまは安心して注文できるわけです。

 

たった一言ですが、この一言が、お客さまの心を動かしたといえます。

 

もしあなたの会社やお店に、これと同じような強力な一言があれば、どうなるでしょうか?

 

たぶんこの一言で、お客さまが集まるはずです。

 

「一言でいうと、何か?」を伝える…

 

お客さまに強烈なインパクトを与えるテクニックですので、あなたの会社やお店でも、ぜひ実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/06/21 19:22 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。