FC2ブログ







テイクアウトを応用する 

 

テイクアウト…

意外と、これを大々的にPRしているお店は少ないものです。

 

ある中華料理屋さんも、テイクアウトは手付かずの状態でした。

そこで、改革の一環としてココに力を入れることにしたのです。

 

ただ、すべての商品をテイクアウトというのも負担が大きく、また、道路に面した立地ということもあり、商品を絞って飲茶関連だけにしました。

 

その結果、車で乗り付けて注文品だけをテイクアウトするお客さまが一気に増えたのです。

 

飲茶関連のテイクアウトは、時間に関係なくコンスタントに注文が入るので、テイクアウトにはぴったしの商品だったのです。

 

テイクアウト(持ち帰り)は昔ながらの方法ではありますが、応用すれば大きな利益を生むことも可能です。

 

あなたの会社やお店でも、売上げアップ戦略の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/05/31 20:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)