FC2ブログ







成果の上がる広告を行うように 

 

笑えない話しが世の中には無数にあります。

 

例えばある企業では、ある商品の広告(DM)を広告代理店任せで定期的に行っていました。

 

広告を打ち始めて何年も経ちますが、まったく反応についての調査をしていませんでした。

そこで、数年経って初めて調査することにしたのです。

 

商品購入者の中で広告(DM)を見た…

と回答したのが、なんとたった0.1パーセント未満。

 

まったく反応が上がってない、広告(DM)を莫大な費用をかけて出し続けていたのです。

まさに、笑えない話しです。

 

その後、この広告(DM)は改善が図れ、今では高い反応を得ていますが、それまでは、こんな状態だったのです。

 

広告(DM)は出せば効果がある…

と巷では言われています。

 

ですが、これには「反応が上がるものを出せば」という大前提があるのです。

 

あなたの会社やお店でも、この点を理解して成果の上がる広告を行うようにしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/05/11 21:17 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)