FC2ブログ







トークシナリオの改善を図る 

 

営業方法の一つとして、電話を活用されている会社も多いようです。

 

しかし、この電話営業が業績に反映されている会社は、意外と少ないのも事実です。

 

では、何が問題なのか?

その理由の一つが、

スタッフのコミュニケーション能力に任せきり…

という放任状態です。

 

現実問題として、社交辞令程度のトークマニュアルと、ちょっとしたロールプレイングだけで、業績に結びつくはずがありません。

 

ある物販会社でも、このような放任状態で、電話営業がまったく業績に結びついていませんでした。

そこで、この状態を改善するために、トークシナリオを作り、活用しました。

 

何本もシナリオを作り、反応率のテストをし、改善を図る…

コレを繰り返すことで、お客さまの反応を飛躍的に高めることができたのです。

 

電話営業もテストを繰り返して改善を図れば、反応を高めることは可能です。

あなたの会社やお店でも、効率的な電話営業を最大限活用するために、ぜひトークシナリオを活用してください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/05/06 18:59 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)