スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テイクアウトを応用する 

 

テイクアウト…

意外と、これを大々的にPRしているお店は少ないものです。

 

ある中華料理屋さんも、テイクアウトは手付かずの状態でした。

そこで、改革の一環としてココに力を入れることにしたのです。

 

ただ、すべての商品をテイクアウトというのも負担が大きく、また、道路に面した立地ということもあり、商品を絞って飲茶関連だけにしました。

 

その結果、車で乗り付けて注文品だけをテイクアウトするお客さまが一気に増えたのです。

 

飲茶関連のテイクアウトは、時間に関係なくコンスタントに注文が入るので、テイクアウトにはぴったしの商品だったのです。

 

テイクアウト(持ち帰り)は昔ながらの方法ではありますが、応用すれば大きな利益を生むことも可能です。

 

あなたの会社やお店でも、売上げアップ戦略の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2011/05/31 20:26 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

多数派の意見に賛同しやすくなる 

 

多くの人が使っているというデータ…

こういったデータは、ある種の効果をもたらします。

 

それは、

みんなが使っているのなら、私も…

という心理作用です。

 

例えば、商品を選択するとき、

 

5パーセントの人が使っているA商品…

80パーセントの人が使っているB商品…

 

と言われて、どちらを選択するでしょうか?

 

ほとんどの場合は、80パーセント使っている後者の商品を選択するはずです。

 

ようするに多数派の意見に賛同しやすくなるのです。

 

こういったデータを使う技術は、応用が利くのでさまざまなケースで活用できます。

 

あなたの会社やお店も、PRの技術の1つとして、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/30 20:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

広告の内容と媒体の選別テストを行う 

 

良い広告を作ったけど反応が低い…

こういったご相談をうけることが度々あります。

 

調べてみると、

 

内容のテストがされてない…

掲載媒体の選別がされていない…

 

この2つが大きな原因になっています。

 

また、このようなケースでは、

送り手にとって良い広告 = 反応が上がる

と思い込んでいるようです。

 

そのため、

反応が上がらない = おかなしい(そんなはずはない)

となってしまうのです。

 

反応が上がらなければ、改善してテストする…

あなたの会社やお店でも、これだけは忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/29 20:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまが一瞬で理解できるように 

 

通販の雑誌やチラシにはさまざまな工夫があります。

 

分かりやすさ…

理解のしやすさ…

こういった点です。

 

例えば、価値を伝えるにしても、画像や挿絵、吹き出しなどを使って、お客さまが一瞬で理解できるようにしてあります。

 

分かりやすさ = 価値が分かる = 欲しくなる

この心理を上手く突いているわけです。

 

こういった技術は比較的簡単に真似できます。

 

あとは、テストを繰り返して、表現の仕方を工夫すれば反応もあがっていきます。

 

身の回りにある「雑誌や広告だけで売れる技術」を上手に真似るのも、ビジネスのテクニックです。

 

あなたの会社やお店でも、ぜひ参考にして実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/28 22:29 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

子供の目線で考える 

 

子供を考慮した集客…

これにもコツがあります。

 

例えば、子供連れのお客さま。

集客のポイントはどこに向けるべきかというと、

子供…

なんです。

 

なので、企画なども子供向けものを多く取り入れることが必要です。

 

また、この時大切なのが、

子供の目線で考える…

ということです。

 

ある会社のイベントでは、企画担当者が何ヶ月も考えた子供向けの無料企画を多数用意していました。

 

しかし、結果は惨たんたるもの…。

 

ただ、その中で1つだけ、すぐになくなったものありました。

それは、イベント向け備品を持ってきた業者さんが、オマケにくれた「風船」だったのです。

 

大人目線で考えれば、

風船なんて…

と思えるのですが、子供目線で考えれば、

わー風船!!アレ欲しい!!

なんです。

 

子供の目線で考える…

あなたの会社やお店でも、子供連れの集客を行うときは、こういったポイントを参考にして行ってみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/27 20:13 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

反応を上げるためには、テストする 

 

反応がとれる見せ方は、テストしなければ分かりません。

 

例えば、

メインコピーだけで見せる…

メイン + サブコピー + α で見せる…

どちらが反応が良いか分かるでしょうか。

 

実は、内容によるというのが正解なんです。

 

一般的に言われている方法なら、どちらか一方しか反応はとれないはずです。

ですが現実は、内容によって前者であったり後者であったりするのです。

 

そのため、

一回PR媒体を作ったらそれで終わり…

これでは反応はとれません。

 

反応を上げるためにも、テストを忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/26 19:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

爆弾マークを付ける方が反応が上がる 

 

広告を見ていると、爆弾マークが頻繁に使われているが、効果はあるのだろうか…

こういった疑問を持たれた方も少なくないはずです。

 

では、付けないものと付けたもの、実際にどれくらいの差があるのでしょうか?

 

データ的に言うと、10パーセント以上反応に差があるのです。

 

まったく同じ値入をしても、爆弾マークが付いた方に強い関心を示す傾向にあると言うことです。

 

また、爆弾マークは古くから使われているので、

爆弾マーク = 安い(お値打ち品)

というような感覚が多くの人に染みこんでいるというのも一因かもしれません。

 

目立たせたいものに付けるだけの簡単なものですので、あなたの会社やお店でも、ぜひ試してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/25 18:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

より多くの人に知ってもらう工夫を 

 

店舗型のご商売の場合でも、PR媒体に地図を入てないケースが意外とあります。

 

知名度があるから…

というような理由もあるようですが、すべてのお客さまが知っているわけではないので、入れる方が良いと思います。

 

またデータから言っても、地図を入れた場合と入れない場合の反応の違いは、10パーセント以上の開きがあることもあります。

 

このような地図は、内容や見やすさ、大きさや誘導のやさしさなどでも反応は変わってきますが、入れないときよりは確実に反応は上がります。

 

PR媒体(広告など)は、多くの予算をかけて行うものですので、少しでも反応があがる工夫が必要です。

 

あなたの会社やお店でも、

知ってるだろう…

と思い込むのではなく、より多くの人に知ってもらう工夫を心掛けてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/24 20:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

セール期間などの表現を工夫する 

 

セール期間などの日にちの指定…

売り手と買い手では、感覚がまったく違います。

 

売り手にしてみれば、セール商品より通常商品を売る方が良いので、どうしてもセールへの力が入りません。

そのため、日にちの指定も曖昧な表現になってしまいます。

 

ですが、お客さまにしてみればセールが重要なので、この日にちはどうしても知りたいわけです。

なので、日にちを明確に書いてほしいと思っているのです。

 

そこで、期間の表現の仕方は、

セール開催中…

というよな、売り手発想的な表現ではなく、

○月○日○日○日の3日間限り!!

このように買い手の気持ちをとらえた表現をすることが大切になります。

 

表現の仕方1つでも、

お客さまの目線で考える…

このことを常に心掛けるようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/23 21:02 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

価格の表示方法を変えてテストする 

 

価格の表示方法…

ちょっとした違いで、売れ行きも変わってきます。

 

そのため、大手の量販店などでも、表示方法を変え、さまざまなテストを行っています。

 

例えば、

文字種を変えてみる…

飾りを付けてみる…

などなど、さまざまな角度からテストしているのです。

 

あるお店のデータでは、ゴシック文字から手書き風文字に変えたことで、1割以上反応がアップしました。

 

お店の雰囲気、売る商品によって、どうするのが良いのかはさまざまですが、テストを実施すれば傾向が見えてきます。

 

簡単にできることですので、あなたの会社やお店でも、ぜひ実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/05/22 20:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。