FC2ブログ







ややこしい契約条件も仕掛けになる 

 

プラン変更などの契約を複雑怪奇にすると、どういうことが起こるでしょうか。

 

実は、あまり契約のことに触れなくなり、そのまま継続してしまうのです。

この典型が、さまざまな商品の各種料金設定です。

 

例えば、

Aプランの割引は、○○という条件を満たしてないと適用されません。

ただし○○の条件は、△△の年数を満たしてないと適用できません。

また△△の年数は、□□の条件を取得した日を対象とし…

こんな場合、読むのも面倒くさくなり、

「そのままで良いです…」

と言ってしまうはずです。

 

なぜ、こんなややこしいことをするのでしょうか。

それは、これも仕掛けだからなんです。

 

「そのまま継続する」という心理を突くことで、売り手側有利にしているのです。

 

大企業といえども、こういった仕掛けを使っています。

あなたの会社やお店でも、参考になる点は多々あると思いますので、ぜひ研究してみてください!

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/03/09 21:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)