FC2ブログ







数字で成果を計り、改善する 

 

ある女性用インナーを扱う会社では、自分たちで考え、さまざまなマーケティングを試していました。

 

しかし、経営者の方が思うような成果が感じられなかったようです。

そこでリサーチしてみると、意外なことが分かったのです。

 

それは、

成果を計ることをしていなかった…

という事実でした。

 

経営者から社員に至るまで、数字ではなく感覚だけで成果を確認しようとしていたのです。

これでは実際に成果が上がっているのかどうかを、目で見ることができません。

 

そこで、全員で、

数字に強くなる…

この意識付けと、数字の回覧、ミーティングを徹底しました。

 

すると、3ヶ月後には、

数字でマーケティングの成果を計り、それを改善していく…

このサイクルが定着し、目に見える成果も上がり始めたのです。

 

数字に強くなる…

これは学問だけの話しではありません。

大切なマーケティングの一つです。

 

あなたの会社やお店でも、このポイントを理解し、上記サイクルが定着していないなら、今すぐ改善を図ってみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2011/01/10 16:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)