スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

適正価格へとシフトする 

 

価格の設定…

ここに問題があり、利益を上げられずにいた、木製品の特殊加工をしている会社がありました。

 

技術力、加工内容ともに、お客さまから高い信頼を得ている会社なのですが、価格設定がなぜか著しく低かったのです。

 

ユーザーが少ないから、価格を抑えないといけない…

こういった強い思い込みがあったようです。

 

リサーチをかけてみると、

5割以上高くても購入する…

この意見が、70パーセント以上ありました。

また、現在の2倍の価格でも購入する…

この意見が、20パーセント以上あったのです。

 

そこでこの結果を基に、価格の改定を行うことにしました。

現在まで赤字覚悟で商売してきたことをお客さまに訴え、適正価格へとシフトすることへの理解を求めたのです。

 

ごく一部のお客さまは、たしかに離れてしまいました。

ですが、ほとんどのお客さまが理解を示してくださり、現在では、高利益体質へとシフトしたのです。

 

高く売れるなら高く売る…

 

これはビジネスの定石といえることなので、あなたの会社やお店でも、これが実現できるように価格の設定を検討してみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2011/01/31 19:55 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

PRを活用して信頼度アップ 

 

商品開発をして販売している会社では、思うように需要の掘り起こしができていませんでした。

 

調べてみると、PR(Public Relations〈宣伝活動、広報活動〉)に問題があったのです。

 

PRしなくても個別のお客さまに説明すれば売れる…

こんな思いが、強く社内に根ざしていたのです。

 

そこで、PRの重要性を理解してもらい、プレスリリースを使った仕掛けを行うことにしました。

 

その結果、マスコミに取り上げられ商品の信頼度がアップしたことで、売上げも約2.3倍になったのです。

 

現在ではプレスリリースに限らず、さまざまな仕掛けを行っているので、その成果も出てきているようです。

 

PRを有効に使えば信頼度は格段にアップします。

 

あなたの会社やお店でも、PRを有効活用して、売上げアップを図ってください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/30 17:53 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

反応してもらえる広告を 

 

広告(チラシ・DM)は、お客さまが反応できるようにしておく必要があります。

これをしてないために無駄なDMを大量に出した会社があります。

 

この会社では、DMを毎月数千通ずつ出していました。

ですが、反応率は年間通して0.01%程度だったのです。

 

調査してみると、お客さまが反応できる要素がまったくないDMでした。

そこで、お客さまが反応できるように仕掛けを行い、全面的に改善をはかりました。

 

その結果、テスト段階ではありますが反応率が約5倍にまでアップしたのです。

 

今後もスプリットランテストを継続するので、最高の反応率が得られるようになると思います。

 

反応してもらう…

これは広告の基本です。

 

あなたの会社やお店でも、反応がない広告は、すぐに改善を図るようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/29 20:53 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

サービス業としての製造業 

 

ある製造業の会社。

年々悪化する経営状態を前に、旧態依然の経営では先がないと考えていました。

 

調べてみると、

製造業は製造だけが商い…

このような頑なな考えが経営を圧迫していたのです。

 

製造業といえども、お客さま(問屋、販売店等)がいる以上、立派なサービス業です。

 

これを忘れ、

製造だけしていれば…

これでは、厳しい競争に勝ち残っていくことはできません。

 

そこで、アンテナショップの立ち上げと、社員一体となった営業、ここにポイントを置いて改善を図ったのです。

 

その結果、製造業でも売らないとビジネスにならないという危機感が全社員に根付き、それにより売上げも一気にアップしました。

 

製造業は、ものを作れば終わり…

こうならないよう、あなたの会社やお店でも、

サービス業としての製造業…

という視点で経営を改善してください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/28 18:51 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまが主役です 

 

まずは質問する…

この仕掛けを使うことで、売上げをアップしたセレクトショップがあります。

 

売上げが低迷して悩まれていたとき、このお店では、

「こちらの○○は、いいですよ…」

とスタッフが、すぐにお客さまに商品を売り込んでいました。

 

アンケートをとると、この売り込みと、売り込みのタイミングが、お客さまに評判が良くなかったのです。

 

そこで、売り込みではなく、

まずは質問する…

この仕掛けを行ったのです。

 

まずは情報を聞き取り、お客さまが選択に迷われているときに、その情報を元にお薦めするようにしました。

 

その結果、お客さまの滞在時間が飛躍的に増え、売上げも1.2倍にアップしたのです。

 

どんなお店でも、主役はお客さまであり、スタッフではありません。

 

あなたの会社やお店でも、お客さまが主役になれるようにすることを忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/27 18:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

感謝される一工夫をする 

 

オマケ戦略を徹底しているのに、まったく売上げが伸びないネットショップがありました。

 

リサーチをかけてみると、お客さまはオマケをもらえるのが「当たり前」のように思っていたのです。

 

そのため、このショップでは、

感謝されない = 売上げが伸びない = さらにオマケする

こういった悪循環に陥っていました。

 

そこで、オマケの付け方に工夫を凝らしたのです。

最初から付けるのではなく、ある仕掛けを行うことにしました。

 

その結果、オマケが当たり前と思われていたお客さまから、今度はお礼を言われるようになったのです。

 

これにより、リピートのお客さまも、以前の2倍以上になりました。

 

同じオマケを付けるのでも、付け方によってはこれだけの差が出ます。

 

あなたの会社やお店でもオマケを付けるときは、お客さまに感謝される一工夫を、必ずするようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/26 19:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

営業サイクルの構築 

 

毎日毎日、電話をかけて商品を売る…

ある営業関連の会社でも、この電話戦略を行っていました。

 

ただ成約に結びつくことは、ほとんどありませんでした。

 

どこに問題があったのか?

それは、

電話だけで売ろうとした営業サイクル…

ここに問題があったのです。

 

突然電話をかけて、「商品を買ってくれ」と言って買う人がいるでしょうか?

いくら言葉が巧みな人でも、そう簡単には売れません。

 

そこで、営業の仕組みを基本的に変えました。

電話だけから、電話・DM・営業・ホームページ、この4つを1つの営業サイクルとしたのです。

 

その結果、一件当たりの電話時間が大幅に削減でき、電話量が一気に増えました。

また、営業サイクルを活用することで成約率も飛躍的に伸びたのです。

 

電話は使い方によって、武器にも、お荷物にもなります。

あなたの会社やお店でも、電話営業をするときは、サイクルの構築を忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/25 20:45 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

組織全体を見据えて改善する 

 

あるIT関連の企業では、全く利益のでない状態で、とても経営が続けられる状態ではありませんでした。

 

内部調査してみると、それはおよそ経営と言えるものではなかったのです。

 

会計的な考えは全くと言っていいほどなく、見栄えを良くするための固定費は使い放題。

かといってまともな営業活動もしていない。

その上、売上げの何倍も経費を使っている。

 

これでは、どんな魔法を使おうと経営が成り立つはずもありません。

 

そこで、会計的思考、営業的思考、この2本柱を中心に意識改革を行いました。

3ヶ月後には、固定費が1/5に、使っていた経費は1/10に、そして営業成績も順調に伸びを示し始めたのです。

 

マーケティングとは売ることだけのように思われがちですが、そうではありません。

組織全体すべてに因果関係があるのです。

 

あなたの会社やお店でも改善を行うときは、組織全体を見据えて行うようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/24 18:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

顧客管理を徹底する 

 

健康食品を販売しているある会社では、起業してずっと売上げが低迷していました。

 

調査してみると、顧客管理が全くできてなかったのです。

 

データをまったくとってないから、

傾向も分からなし、対策も打てない…

こんな状態でした。

 

そこで、ビジネスの基本とも呼べる顧客管理から始めたのです。

 

まずデータを収集し、お客さまの傾向を分析したのち、さまざまな対策を立て実行しました。

基本に忠実に営業のシステムを再構築することで、6ヶ月後には売上げも1.3倍になったのです。

 

その後も改善を続けているので、順調に売上げもアップしています。

 

顧客管理(データの収集・分析・対策・実行)…

 

これは売上げに直結する大きなポイントですので、あなたの会社やお店でも、徹底した顧客管理を行ってください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/23 18:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

士業も営業は必須 

 

起業して、

全く売上げの目処が立たない…

こんな士業の方がおられました。

 

調べてみると、

誰にも営業していない…

こんな事実が浮かび上がってきたのです。

 

原因は、

お客さまは誰なのか?…

これが明確になってないことでした。

 

それにより、

売る相手がいない → 営業できない

この悪循環にはまっていたのです。

 

そこで、誰に売るのかを明確にし、営業できる環境を整え、さまざまな仕掛けを試してみまたした。

 

まったく営業ができてなかったので、結果はすぐに現れ、今では順調に売上げを伸ばしています。

 

士業も資格があれば放っておいてもお客さまが来るというものではありません。

営業は必須です。

 

起業でつまづいた士業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2011/01/22 20:02 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。