スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宝の山であるお客さまの声 

 

お客さまの声というのは、ダイレクトにマーケティングに反映することができる宝の山です。

そして、その成果は、想像を遥かに超えることがしばしばあります。

 

例えば、ある飲食店。

お客さまにアンケート調査を実施し、協力してくれると飲食代の一部を値引きしました。

 

それも一時的にではなく、年間通して実施したので、この時点ではまったくの赤字だったわけです。

 

ですが、このアンケート調査を分析し、マーケティングに反映したら、対前年比280パーセントの売上げアップを実現したのです。

 

今もなおアンケートを実施し、マーケティングプランを継続的に改善しているので、売上げも右肩上がりだということです。

 

宝の山であるお客さまの声を徹底的に活かせば、こういった成果を上げることも可能です。

みなさんも、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2010/09/30 20:12 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

開けてもらうために一工夫 

 

チラシやDMといったものは、見てもらわないと話になりません。

 

特に封筒もののDMなどは、開けてもらわないことには何も伝わらないのです。

 

そこで、DMなど封筒ものの場合は、

中に何か入れる…

これが開封の切っ掛けになります。

 

例えば、

・抽選券

・割引券

・プレゼント券

等々を入れておくと、開封確率は大幅にアップします。

 

みなさんもチラシやDMを見てもらうための工夫をいろいろと試して、反応率アップを目指してください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/29 18:43 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

小さな会社やお店こそ顧客管理を 

 

顧客管理…

意外と、小さな会社やお店では行われていません。

 

これは、とてももったいないことです。

 

大手企業などでは、徹底した顧客管理を行って実績を残しているのですから、小さな会社やお店でも、見習うべきではないでしょうか。

 

高価なソフトを入れなくても、表計算ソフトで十分です。

 

・来店頻度

・最終来店日

・購買単価

など、必要なデータを取り込んでおけば、マーケティングに活用できます。

 

一番効果が出やすい小さな会社やお店こそ、顧客管理を行うことが必要ですので、ぜひ、取り入れるようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/28 20:19 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

絶対数を増やすことは大切です 

 

一番簡単で誰もが知ってるはずなのに、あまり行われていないマーケティング手法があります。

 

それは、

絶対数を増やす…

これです。

 

例えば、あるお店で月間来客数100人、平均成約率20パーセントの場合、このお店の売上げを倍にするには、

来客数を倍の200人にする…

これで、計算上は売上げは倍になります。

 

ただ、ここまで単純ではないことは確かです。

 

ですが絶対数を増やせば売上げがアップすることも事実なんです。

 

絶対数を増やすことも大切なマーケティングですので、ぜひ、参考にしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/27 19:15 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

情報の伝えることを怠らないように 

 

お客さまに情報を伝える…

これは、とても大切なことです。

 

例えば、

先月の販売個数トップ10…

こういった情報もお客さまにとっては、判断基準としての有益な情報となり、購買へと誘導することになるのです。

 

たったこれだけのことでも伝えなければ、お客さまはその商品に興味さえ抱くことはありません。

 

これぐらいは…

このような売り手側の甘い判断が、お客さまを逃がすことに繋がります。

 

みなさんの会社やお店では、情報の伝えることを怠らないようにしてください。

 

 

 

マーケティングのさまざまな仕掛け…

これを駆使すれば、現状を変えることも可能です。

ご相談実績、800件以上…安心の実績

ご相談は、http://itoms.biz/ まで

無料相談を実施中です。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/26 20:05 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

才能を伸ばすことも必要です 

 

商品を売るには、会話力、文章力も必要になります。

 

ただ、これも得手不得手があるものです。

 

両方はちょっと…

これが現実かもしれません。

 

そこで、どちらか一方だけでも極めるようにしてみてください。

両方が難しくても、片方だけなら平均以上はできるはずです。

 

例えば、

接客が苦手なので、店内のポップに力を入れる…

これで良いと思います。

 

才能を伸ばすことも、マーケティングの立派な基礎訓練です。

 

みなさんも、ぜひ、できることから始めてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/25 19:21 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

こじつけるという思考法 

 

さまざまな売り方を日々考えているのに、良いアイデアが浮かばない…

こんなこともあると思います。

 

そんなときは、

こじつける…

こういった思考法を試してみてください。

 

例えば、

何の関連例もないA商品とB商品をこじつけてみる…

 

この2つをセットにして売るためにアレコレこじつけてみることで、違う切り口が見え、それにより違う売り方も可能になってきます。

 

あとはこのアイデアを実践に移すだけです。

 

みなさんの会社やお店でも、すぐにできることですので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/24 20:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

リピートしてもらうことでペイする 

 

広告をしたけど、お客さまの獲得コストが掛かりすぎて…

みなさんの会社やお店でも、経験があるのではないでしょうか。

 

たしかに、新規のお客さまを獲得するには、思った以上のコストが掛かります。

 

数千円から数万円…

どんな商品やサービスを売るかによって、この獲得コストは大幅に変わりますが、高いことには変わりありません。

 

では、どうすればこのコストをペイできるのか…

 

それは、

お客さまにリピート購入してもらう

これを視野に入れておくことです。

 

獲得コストを初回でペイしようとすると無理があるので、リピートしてもらうことでペイできるように戦術を立てることが必要です。

 

みなさんの会社やお店でも、広告を行うときはこのポイントを忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/23 19:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

仕掛けとニュースを用意する 

 

宣伝する…

これは会社やお店にとって、とても重要なことです。

 

では、たんに

「○○を始めました」

コレでよいのでしょうか。

 

これでは、多くの情報の中に埋もれて、それで終わりです。

 

でも現実には、こういった宣伝にお金をかけて、何の効果もないままお金をどぶに捨てている会社やお店がほとんどです。

 

宣伝を効果的なもにしたいなら、

仕掛けとニュースを用意する…

このことを忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/22 19:41 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

地道なマーケティングを心掛ける 

 

気長なマーケティング…

これは、とても重要です。

 

多くの場合、即成果を求める傾向にあるのは事実です。

ですが、長い目で見ると気長なマーケティングが重要な役目を果たしています。

 

お客さまの生涯消費やライフタイムバリュー…

これらを考えた気長なマーケティングが、お客さまを育て、将来の大きな利益へと繋がるのです。

 

今月より来月、今年より来年…

ほんの少しずつでもお客さまが購入量を増やしていけるように、地道なマーケティングを心掛けてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/09/21 19:48 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。