FC2ブログ







たとえ売るものが何であっても 

 

売るものが何であるか…

ここに気を取られていると、どうしても商品の善し悪しを考えてしまいます。

 

するとどうなるかというと、

悪い商品は売れなくて、当たり前…

こういう発想になってしまいます。

 

これでは、自分から売れない商品を作っているのと同じです。

 

たとえ売れ行きの悪い商品でも、あの手この手で売り切るのが商売人であり、マーケティングの醍醐味です。

 

みなさんも、

たとえ売るものが何であっても、全て売る…

これぐらいの強い思いで、ぶつかってください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2010/08/10 19:47 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)