FC2ブログ







宣伝・広告するときは必ず地図を 

 

売り手側がよく誤解するのが、

「すべてのお客さまは、自社や自店の場所を知ってくれている」

という思い違いです。

 

現実には、知ってくれているのは、ごく一部で、ほとんどのお客さまは知らないのです。

 

ですので、宣伝・広告するときは、

「必ず地図を入れる」

これを実行することが大切です。

 

こうすることで、知らないお客さまに知ってもらう確率は大幅にアップしますので、みなさんの会社やお店でも実施してみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2010/04/13 15:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)