FC2ブログ







新しいお客さまと思って接する 

 

お客さまを離さないためには、何が必要か…

 

これには数多くの答えがあるのですが、その中の1つに

「いつも、新しいお客さまと思って接する」

というのがあります。

 

ほとんどの場合、新しいお客さまには、気を遣い接するのですが、数回お取引をすると、気を遣わなくなってしまうものです。

 

これでは、お客さまは逃げていってしまいます。

 

こうならないためにも、「いつも、新しいお客さまと思って接する」ということを忘れないようにしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2010/04/11 17:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)