スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

時機を逸しないように工夫する 

 

データをとっていると、年間を通して一番需要のある月とか日というのが出てきます。

 

このような時期に合わせて、イベントや大々的な広告・宣伝を行うことは、とても有効な手段です。

 

その際、ピークの10日から1ヶ月前に、こういった企画を組むのがベストだといえます。

 

データによりますと、この時期の企画が一番集客率が高いのです。

 

ですので、あまりピークに近すぎてもダメですし、ピークの後ならなおさら効果が薄れてしまうので、時期的なものには注意が必要です。

 

効果的な企画のためにも、時機を逸しないように工夫してください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2010/04/30 17:34 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

お客さまの声を有効利用する 

 

お客さまの声を、単なる声としか捉えてない会社やお店もあります。

これはとても、もったいないことです。

 

お客さまの声は、うまく利用すれば「評判」を簡単に演出することができるのです。

 

例えば、

 

・応援メッセージ

・お礼のメッセージ

 

こういった「お客さまの声」を、チラシなどに載せておけば、それだけで「評判」が演出できます。

 

せっかく頂いたお客さまの貴重な声なのですから、ぜひ、有効利用できるようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/29 17:16 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

希少性をアピールする 

 

希少性をアピールすることはとても大切です。

 

例えば、お店の中のポップに

「○○あります」

と書くより

「○○あります。1日限定10個限り」

とした方が、希少性が強調されます。

 

こうすることで、お客さまも心理的に早く購入しなければと思うようになるのです。

 

会社やお店によって、様々な切り口で希少性はアピールできると思いますので、参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/28 17:06 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

伝えなければならないこと 

 

商品を売ろうとするあまり、大きな間違いを犯していることがあります。

 

それは、

「売り手側の言い分ばかりを、お客さまに伝えている」

ということです。

 

これでは、お客さも商品の購入をしたいとは思いません。

 

本当に、伝えなければならないのは、お客さまの聞きたいこと、知りたいことなんです。

 

この点を間違えないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/27 17:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

質問と回答形式で価値を伝える 

 

商品の価値を伝えるとき、

「質問と回答形式」

これが、簡単で効果的です。

 

お客さまの知りたいことを、質問と回答形式で網羅しておけば、お客さまに安心感と正しい商品価値を伝えることができます。

 

また、お客さまは、自分が気付いてない疑問にも気付くことができ、これも安心感と、正しい価値観へと繋がるのです。

 

質問と回答なら、すぐに準備できるはずですので、みなさんの会社やお店でも、ぜひ、取り入れてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/26 16:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

プラスワントークを実践する 

 

プラスワントークは、とても効果的な方法です。

ですが、意外に使われてないようです。

 

プラスワントークですぐに思い出すのが、マック

「ポテトもいかがですか?」

たった、これだけのトークなんですが、この効果は絶大だといます。

 

このように使えば、効果のある方法でも、使わなければ、その効果を得ることはできません。

 

プラスワントークは、みなさんの会社やお店ですぐに使える、テクニックですので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/25 20:46 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

売上げと、営業の質と量 

 

会社やお店の売上げは、

「営業の質と量」

に影響されると言っても過言ではありません。

 

このことが分かっていれば、

例えば、

「営業の質が高くない…」

といった場合は、量を徹底的に増やせばいいわけです。

 

簡単な公式ですが、とても役に立つ公式ですので、覚えておいてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/24 18:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

会社やお店の、ロゴを入れる 

 

会社やお店を宣伝するとき、意外に軽視されやすいのが、

「会社やお店の、ロゴ」

だといえます。

 

「会社名、店舗名を入れておけば十分…」

こう思われるかもしれません。

 

ですが、実際には、会社やお店の名前だけより、ロゴを入れた方が、視覚的な効果が得られ、宣伝の効果は高くなるのです。

 

簡単にできるテクニックですので、ぜひ、実践してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/23 20:52 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

不安や心配を解消する 

 

高い商品は、お客さまも「高い」と感じているものです。

ですので、なかなか購入へとは結びつきません。

 

そこで、お客さまの

「不安や心配」

これを1つずつ解消していくことが大切です。

 

例えば、

 

・購入した後のアフターフォローは?

・使い方は教えてくれるのだろうか?

 

このような「不安や心配」を解消すれば、お客さまにも安心感が芽生え、購入へのステップを踏み出してくれます。

 

高額な商品を扱うときはは、この「不安や心配の解消」を忘れないようにしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/22 16:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

「小さな工夫」を実行する 

 

特定の商品の値段に注目をしてもらいたいときは、

「その値段の色・形・大きさ」

この3つを目立たせることです。

 

例えば、

「値段の文字を大きくして、色を派手にして、目立つ字体に変える」

こうすれば、他の商品の値段より遥かに注目が集まります。

 

ほんの小さな工夫ですが、やれば必ず成果に繋がりますので、みなさんの会社やお店でも、「小さな工夫」、実行してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2010/04/21 16:47 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。