FC2ブログ







“本音(原因)”の部分を突き詰める 

 

商品が売れないとき、まず分析をします。

 

ただ、このとき、

「対象商品が、“良い”か“悪い”かを分析しただけでは駄目…」

だといえます。

 

なぜなら、なんらかの問題があるから売れてないといえるからです。

 

分析で必要なのは、

「お客さまは、その商品の中に何を見いだしているか…」

という“本音(原因)”の部分なんです。

 

この本音(原因)が分かって、始めて、

「どうすれば売れるようになるか…」

ここが見えてきますので、問題分析するときは、この点を突き詰めるようにしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2010/02/26 20:47 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)