FC2ブログ







売るためには、不安定な状態を作り出す 

 

お客さまが商品を購入するときの心の状態は、「欲しい」ではなく、「どうしても欲しい」という状態です。

 

言い換えれば、「どうしても欲しい」という心の状態を作り出せれば、商品は売れるということになります。

 

この状態を作り出す上で欠かせないのが、不安定な状態です。

 

例えば、

お腹いっぱいな状態では、それ以上食べ物が欲しくありません。

これは、安定している状態だからです。

 

ですが、お腹をすかした不安定な状態ですと、食べ物が「どうしても欲しい」という心の状態になるのです。

 

このように不安定な状態を作り出せれば、お客さまの購買意欲は跳ね上がりますので、売るための打ち手の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/11/04 18:14 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)