スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページ最上部へ  [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

簡単な言葉は、誰にでも伝わります 

 

売るためには、相手に内容を伝えることが大切です。

これは、営業であっても、チラシや広告であっても同じです。

 

この相手に伝えるとき大切なのが、「簡単な言葉」だといえます。

 

簡単な言葉は、誰にでも伝わります。

なので、説明することなくストレートに相手の心に届くのです。

 

難解な言葉や専門用語なら一言で十分なのに、簡単な言い回しにすると幾つかの言葉が必要かもしれません。

ですが、簡単な言葉の方が相手には伝わるのです。

 

みなさんも、相手に内容を伝えたいときは、この点を間違えないようにしてください。

 

 

スポンサーサイト
ページ最上部へ  [ 2009/11/30 18:55 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

“集客できる店”は“目立つ何か”がある 

 

美容室が乱立しているなか、“集客できる店”を見ていますと、“目立つ何か”を作っているように思います。

 

この“目立つ何か”とは、例えば、「外装」「サービス」など様々です。

“何が良い”というのではなく、そのお店の特色をアピールしているのです。

 

こういった特色は、どこのお店でも打ち出すことは可能なはずです。

「自分のお店は、こういう客層が多いから、○○をアピールしよう…」

というように考えれば、いろいろとアイデアは浮かぶのではないでしょうか。

 

“集客できる店”と“集客できない店”の差はほんの少しです。

みなさんも、このほんの少しを埋めるために、こういった点を参考にして改善を図ってみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/29 18:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

経営者は看板であり、歩く広告塔 

 

中小零細企業のマーケティングは誰が行うのか…?

“担当者が行うこと”というように思っているようではダメです。

これは、経営者が行うことなんです。

 

なぜ、そうなのかといいますと、中小零細企業の場合、

「経営者は看板であり、歩く広告塔」なんです。

 

ですので、

経営者 = ブランド

だといえるので、経営者がマーケティングすることが必須なんです。

 

今まで、担当者任せにしてきた経営者の方は、これからは自分がブランドになるよう、歩く広告塔に成ってください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/28 21:08 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

裏に隠れた本当の欲求を見抜く 

 

お客さまの欲求は、目に見えているものだけではありません。

 

例えば、携帯電話がほしいとき

お客さまの目に見える欲求は、キレイな装飾、使いやすさ、デザインなど様々です。

 

ですが、これはほんの一部に過ぎないのです。

この裏に隠れた欲求が本来の欲求であり、お客さまの心の大部分を占める大切な欲求なのです。

 

「携帯電話を買った後、自分が使っている姿」

これが、お客さまが持っている本当の欲求の部分なんです。

 

これを、見抜かないと、お客さまの心を動かすことはできません。

みなさんも裏の欲求を見抜いて、お客さまが本当に満足できる営業を心掛けてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/27 18:29 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

あらゆる組み合わせにチャレンジする 

 

マーケティングの手法は組み合わせで無限に広がります。

 

例えば

縦軸にバリエーションを、横軸にパラメーターをとると、縦横が交差する位置に新しい組み合わせが出来上がります。

 

普段なら考えもつかない組み合わせでも、強制的に組み合わせることで、見えてくるものもあるのです。

 

固定観念にとらわれると、どうしても視野が狭くなり、「これしかない…」的な発想になってしまいます。

これでは、「同業他社も同じ手法を使っているので、効果が薄い…」ということになりかねません。

 

こうならないためにも、こういった思考法を駆使して、あらゆる組み合わせにチャレンジしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/26 17:42 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

日々の分析は、簡単なフォーマットを使う 

 

効果的なマーケティングを行うためには、現状の分析がとても大切です。

 

ですが、実際には、

「分析は、たまにしか行ってない…」

という会社やお店の方が圧倒的に多いようです。

 

これでは、どんな素晴らしい手法も、“宝の持ち腐れ”になってしまいます。

そこで、日々簡単に分析を行うために、「簡易分析フォーマット」を作ってみてはいかがでしょうか。

 

SWOT分析でもマトリクス分析でも、独自の分析手法でも、何でも構いません。

それらを簡単なフォーマットにして、毎日、分析してほしいのです。

 

そうすることで、日々の改善テーマを発見することができ、それをマーケティングに活かすことで効果は飛躍的にアップするはずです。

 

日々の分析、みなさんも、ぜひ試してみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/25 19:57 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

絞り込んだターゲットに向けて発信する 

 

情報を発信するとき、不特定多数に発信するマス・マーケティングをしている中小企業を多数見かけます。

 

たしかに、広く告知するという意味では必要なのかもしれません。

ですが、“売る”ということに結びつけるには、ハードルが高いように思います。

 

なぜなら、ブランディングができていない中小企業の場合、大企業と同じ戦略では、物量的にも不利だからです。

 

ですので、効率よく情報を発信するためには、ターゲットを絞ったニッチ・マーケティングが必要です。

 

例えば、車の保険なら

「無事故無違反、ゴールドカードの方を対象に…」

というように対象を絞ることで、効率よく販売に結びつくはずです。

 

みなさんも、情報を発信するときは、最初から大きな市場を狙うのではなく、まずは絞り込んだターゲットに向けて発信するように心掛けてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/24 20:27 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

同じ抽選でも、工夫をすれば盛り上がる 

 

イベントをする際、「抽選で賞品を出す」ことが頻繁に行われます。

こういった時は、「空くじなし」の抽選方法が効果的なのですが、これだけではインパクトに欠けることも確かです。

 

そこで、

「空くじなしの抽選券」 または 「引換券」

にしてみてください。

 

抽選券として使うか、何かの引換券として使うかは、お客さまの自由。

空くじなしの末等より良いものを、引換券で交換できるようにすれば、お客さまの選択肢も増え、それだけで満足度も上がります。

 

同じ抽選でも、こういった工夫をすることで、盛り上がりも違ってくると思いますので、参考にしてみてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/23 17:20 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

割安感を演出するには、価格表示の方法を変える 

 

価格表示の方法を変えるだけで、売上げが3~5割アップすることもありあます。

 

例えば、1万円の商品

この商品を1万円と表示していたのでは、同業他社と何も変わらないので、購入の確率は低くいままです。

 

ですが、商品の価格を耐用年数で割ってみたりしたらどうなるでしょうか。

1年耐用年数があるなら、

1万円 ÷ 365日 = 約30円

「1日たった30円で、こちらの商品をご利用できます」

このよう表示にすれば、お客さまは割安感を感じ、購入の確率は一気に高まります。

 

コレはほんの一例ですが、他にも価格表示の方法を変えることは可能なはずです。

みなさんの会社やお店でも簡単にできる打ち手ですので、こういった手法を取り入れて売上げアップを図ってください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/22 21:54 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)

商売においても、最初の一瞬が大切です 

 

「始めよければ終わりよし」

商売でも、これと同じ事が言えます。

 

例えば、キャッチコピー。

 

始めにキャッチコピーでお客さまの心を掴むことができれば、広告やDMの内容をじっくりと読んでもらうこともできるので、購買確率は一気に高まります。

 

また、営業においても、お客さまにお会いしたときのほんの数十秒の印象が良ければ、セールスの内容も聞いてくれので、こちらも購買確率は高まります。

 

このように、最初の一瞬はとても大切ですので、この事を忘れないようにして、日々の商売に活かしてください。

 

 

ページ最上部へ  [ 2009/11/21 16:33 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。