FC2ブログ







異質化するための打ち手を考える 

 

会社やお店が行う打ち手というものは、ほぼ同質化されていきます。

 

同質化とは、簡単に言うと、「ほとんどの会社やお店が同じ打ち手を行う」ということです。

 

このため、一歩抜きんでることが難しいのです。

 

そこで、同質化を避けたいなら、異質化の打ち手を行ってみてください。

 

例えば、多くの会社やお店が「送料無料」という打ち手を行っているなら、全く違うアプローチの「翌日必着」という打ち手を行ってみることです。

 

こうすれば、お客さまは他社とは違うものとして見てくれます。

 

同質化されたものの中の一つですと目立ちませんが、異質なものですと相当目立つようになり、チャンスは広がりますので、みなさんも、異質化にチャレンジしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/10/26 20:04 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)