FC2ブログ







あえて時流とは正反対に進む 

 

宣伝広告というのは「流れに乗る」のが基本です。

 

コレは何故かといいますと、

今の時代にあった宣伝広告を行うことが、お客さまに受け入れられる近道だからです。

 

ですが、全員が全員、同じ方向に向いていると、質、量、に勝るところが有利になるのも事実です。

 

そこで、あえて、「時流とは正反対に進む」という事も、目立つためには必要です。

例えば、

デジタルが流行なら、あえて、アナログをぶつける

 

同じ方向性なら、質、量に勝てなくても、正反対なら勝つことも可能ですので、これからの宣伝広告戦略の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/10/16 18:04 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)