FC2ブログ







最適な打ち手を考えることが大切です 

 

形のあるものと形のないものでは、打ち手が大幅に変わってきます。

 

例えば、形のある商品を売るのであれば、カタログや定期的な広告宣伝などを行うことで商品は売れますが、これが形のないものであれば、これだけでは不十分です。

ヒアリングやプレゼンも重要な要素になってきます。

 

このように、どんなものでも打ち手は一緒というわけではありません。

何を売るのか ―― 形のあるものなのか、それとも形のないものなのか ―― これらを踏まえた上で、打ち手を検討するようにする必要があります。

 

そして、そのものにあった打ち手を行うことで、打ち手の効果を最大限に発揮できるようにください、

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/10/08 21:31 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)