FC2ブログ







瞬時に判断できるできる工夫が必要です 

 

お客さまは、買いたい商品か、買いたくない商品か、を直感で判断します。

ですので、お客さまの直感に訴えかけないものは、売れないということになります。

 

では、どうすれば「直感に訴えかけられるのか?」

ここが重要なポイントになります。

 

一番大切なのは3~5秒程度で「その商品は何であるか」をお客さまに伝えることです。

なぜかと言いますと、何か分からないものは、そのまま見過ごされることの方が多いからです。

ですので、まず何の商品かが、瞬時に判断できるものでないと売れる可能性は低くなるといえます。

 

例えば、箱積みの商品などは、中身がどんなものかが分かりません。

これでは、直感に訴えかけることができないといえます。

そこで、サンプルを豊富に出しておく

こうすれば、お客さまは直感的に何であるかが判断できます。

 

どんな商品でも、お客さまにの直感に訴えかけて、何であるかを知ってもらえれば、売れる可能性は大きくなりますので、是非、参考にして販売に活かしてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/07/16 21:09 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)