FC2ブログ







感情を伝える基本は、5感に訴えること 

 

お客さまに、自分たちの誠意や熱意、商品の利便性といった感情を伝える上で大切なのは、5感に訴えかけることです。

 

感情を伝える = お客さまの心を掴む

といえますので、5感に訴えることができれば、購入へと結びつく可能性も高くなるわけです。

 

5感とは、

 

視覚(Visual)

聴覚(Auditory)

触覚(Kinesthetic)

臭覚(Olfactory)

味覚(Gustatory)

 

という、5つの感覚を言います。

 

この全ての感覚に訴えかけることができれば一番良いのですが、現実にはとても難しいといえます。

ですので、2~3感に絞って訴えかけるようにすれば良いのではないでしょうか。

 

例えば、デパ地下を思い出してもらえれば、この感覚が分かると思います。

 

視覚 キレイに陳列され、見た目に美味しそうな商品

臭覚 フロアに立ちこめる美味しそうなにおい

味覚 試食で実感できる美味しい味

 

これだけでも、感情に十分に訴えかけることができます。

 

5感に訴えるテクニックはいろいろなマーケティングのテクニックと併用することができ、その上いろいろな場面で使用できますので、みなさんも、是非、使ってみてください。

 

 

スポンサーサイト



ページ最上部へ  [ 2009/07/09 21:02 ] 心と技 | TB(0) | CM(0)